「1617」に何が起きたのか 予想外の展開

2019/12/06(金)16:17
img

 1617。イチロクイチナナと読む。2007年3月に開講予定だった16[]は、直前になって2期に分けて開講することが決まった。3月5日開講の16[]の10教室と、1か月半遅れて4月23日に開講した17[]の8教室。2つ合わせて「1617」と呼ぶ。

 

 4月開講にしたいというかねてからの編集学校の思いと、4月以降に入る学衆数に目途が立ったため決行された。「予想外の展開。正直、最初はちょっとキツかったです」と当時学匠の冨澤陽一郎(現道匠)は、17期[守]のあと、ラウンジで振り返った。

 

伝習座の様子。中央は学匠の冨澤陽一郎

 

 

 2回の伝習座を3回に増やし、各師範代に個別に電話訪問したというエピソードを聞いただけでも、運営の苦労が伝わってくる。師範の一人は「講評ばかり書いていた気がする」とこぼした。1期に2度の番選ボードレールがあり、8人いた師範は延々4度もの講評を書かなければならなかった。

 

 1617を経験した師範代は、花伝師範の廣瀬良二、42[破]番匠の関富夫、着物編集の森山智子、[守]・[破]番匠を担当した大武美和子、こども編集学校の松井路代、そして景山和浩ら現役でイシス編集学校のロールをになっているメンバーが多いのも特徴だ。イシス史に残る経験をした1617の編集は、まだ続いている。

 

1617で師範代を務めた左上から大武美和子、関富夫、松井路代、廣瀬良二、森山智子、景山和浩


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • 【このエディションフェアがすごい!番外編】ジュンク堂書店難波店(大阪市)

    『本から本へ』から共感した言葉を抜き出したパネルを手づくりし、大阪で先陣を切って千夜千冊エディション「知祭り」フェアを開催したジュンク堂書店難波店の福嶋聡(あきら)店長。2時間近い取材に答えてくださったが、その思いは編 […]

  • 【このエディションフェアがすごい!16】ジュンク堂書店 難波店(大阪市)

    「千夜千冊エディション 知祭り」の火は大阪でも熱く燃え始めている。先陣を切ったのはジュンク堂書店難波店だ。  地下鉄とJRが直結し、ホテルが入る高層ビルの3階。1フロア約1100坪の売り場を持つ難波店は、大阪有数の繁華 […]

  • 飛び出したのは師範代だった 47[守]別院

    飛び出してきたのは師範代。グッチ金輪際教室の関口泰由だった。    「47守のみなさんが全員集合すると思うだけで   なんだかワクワクいたします」    5月20日にオープンした47[守]別院。番匠 […]

  • もしも師範が野球チームをつくったら

    お題は突然降ってくる。「景山番匠、スポーツ新聞なんだから考えてくださいよ」。[守]学匠の鈴木康代がZoomの画面越しに迫る。日刊スポーツに務める[守]番匠の景山和浩が答える。「4番はやはりシーザーですかね」「まあねぇ。 […]

  • もう1冊の「紫の火花」【75感門 京都】

    笑顔の三谷は一瞬驚いた顔をし、同様に驚いた顔をしている46[守]番匠の景山和浩と目を合わせた。スクリーンビューでは 46[守]の先達文庫が発表されている。かりぐらジョジョ教室師範代の三谷和弘が受け取った本は岡潔『紫の火 […]