ロボットもどき・人間もどき 石黒浩・松岡正剛対談

12/19(木)15:16 img
img

 2018年10月13日 (土)、青山ブックセンター本店 大教室にて、「ロボットもどき・人間もどき」と題し、ロボット研究者の石黒浩とイシス編集学校校長・松岡正剛の対談が行われた。2017年12月、松岡が塾長をつとめるハイパーコーポレートユニバーシティに石黒さんがゲスト講師として登壇して以来の再会となった。

 

 対談はハイパーでの打合せで手渡した松岡著『擬 MODOKI:「世」あるいは別様の可能性』(春秋社)の話からはじまった。石黒が「『擬』と自分のアンドロイドや仕事との相性のよさを感じた。「もどき」は発展の重要な鍵だ」と語り、松岡は「『もどき』で歴史を書き直したほうがいい」と述べ、1時間半の「もどき」談義を展開した。

 

 人の被服はすでに「もどき」であって、本質であること。お互いの小学生時代のエピソード。石黒が最近「魂」をつくりたいと考えていて、その重さを感じるのにモデルガン集めに熱中しているということ。AIは略図的に世界を補足、補填することができないということ。顔の「美」はいかに人の想像力を引き出せるかということで定義できるという石黒の見解、などと高速に対談のテーマを移しながら進行した。

 

 さらに、松岡から石黒に対して、「アンドロイドはセットにしたほうがいい」「コードからモードを創り出してもらいたい」「いまのアンドロイドにはつけまやイヤリングにあたるものがない」という示唆があった。松岡は自分がかつて尾学や夢学に取り組んだことを引き合いにだして、石黒に対する期待をこめて「まだ実在していない学問、技術に向かってほしい」とメッセージを贈り、最後はふたりが握手を交わして対談を締めた。

 
◆石黒浩の千夜千冊はこちら 
 1688夜『アンドロイド サイエンス』
 
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 南洋に方法の台風予報。平野しのぶ師範代のEツアー初登板。

    「見えないものを価値にしてあらわすのがアートであり、編集である」。  平野しのぶ師範代のエディットツアーのテーマは、「ビジネスにアート思考をもちこむ編集力」。リゾート開発の仕事で世界中、日本中を飛び回り、年に飛行機搭乗 […]

  • ツッカム正剛に小倉加奈子登場!ガンとは何かお教えしましょう。

    「子どものころから内臓の絵を描くのが大好きでした」。  松岡正剛校長に「絵を描くのは前から好きだったの?」と問われて、小倉加奈子は即答した。    昨年7月に出版された『おしゃべりながんの図鑑』(小倉加奈子著 CCCメ […]

  • 過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

    「私は頑なな鶴の子です」。  仕事の拠点である愛媛の銘菓「鶴の子」に色白で柔らかな自分自身を見立て、自己紹介した若林牧子師範。令和に元号があらたまった初登壇に続いて、年明けの今回が2回目のインターアクターになる。まさに […]

  • 新企画予告 短編小説連載がスタート!

    ハンカチ王子、ハニカミ王子、編み物王子、氷上の王子。  世の中にはかくも多くの王子がいるものだが、イシスの「物語王子」と言えば宮前鉄也のことである。    20[破]のアリストテレス賞知文術では、古井由吉『仮往生伝試文 […]

  • 2020新春放談企画「エディスト・スタイルでいこう!」 後編 -20周年に向けて

      ●2019独断と偏見の編集部一推し記事②乱入あり 松原: 穂積さん、ありがとうございました。私のリコメンドといえば、梅澤奈央さんが書かれた福田容子さんのワークショップ記事ですね。梅澤さんのエディストデビュー […]