“子ども編集学校”誕生秘話

08/04(日)09:00
img
子ども編集学校の門が開いた日

 松井家に激震が走った。2014年4月12日(金)、長男コウタが入学式からまだ2日しか経っていないのに登校拒否をした。翌13日(土)、イシス編集学校・学林局の吉村林頭よりコウタの母親宛に電話が入る。「一週間後に始まる33[守]の師範代を引き受けてください」。

 

 松岡正剛校長が名づけた教室は「晴れたらエクリ教室」。もう一つの学校、もう一つの教室がコウタを別世界へと誘う。そこでは彼の母親がセンセーであり、日本各地の8名の大人たちが生徒である。リアルとネットをまたぐインタラクティブなやりとりは家庭にも爽快な風を吹きこみ、創(きず)を負った子どもは編集稽古の「門前の小僧」として蘇った。


 あっと驚くコンティンジェンシーを目の当たりにした松井師範代は、居ても立ってもいられない。佐々木千佳局長に「子ども編集学校を実現させたい」と熱烈メッセージを送った。

 

 たちまち、「よみかき&おやこ」準備ラウンジがオープン。スタートメンバーは佐々木局長、川野貴志、吉野陽子、そして松井路代。かねて局長が大切に温め、長く胎動していたプロジェクトは無事に生まれ落ち、育ち始めた。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。11歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 山手線が止まると東海道新幹線弁当が売れる

       11月16日、物語講座・蒐譚場へむかう朝。ようやく新幹線「のぞみ」東京行きのシートに落ち着いた松井路代師範代はあることに気がついた。  さっき京都駅で買ったはずの、「とり松」のバラ寿司弁当が見当たらない。 […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【後編】

    <編集会議>グループワークの後、各文叢からストーリーテラーとプロモーターが登壇し、新しく生まれた物語を発表した。  白鯨大地文叢から飛び出した物語は『白蟻』。  帯は「表:大人のための日常ホラー!?/裏:バブルの終わり […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

    [遊]物語講座・蒐譚場、前半のメインワークは「文叢六譚」だ。2つの文学作品を一種合成し、文叢ごとに新たな物語を生み出す。  といっても、実際に執筆するのではない。タイトル、キャッチコピー、著者名、章立てをアウトプットし […]

  • 1910年のビッグネーム [遊]物語講座

    [遊]物語講座では、2か月目に「編伝」に取り組む。ワールドモデルは1910年。興の動いた歴象トピックスを取り上げ、史実を元にストーリーを組み上げていく。    十一綴までの編伝作品で、110人を超えるキャラク […]

  • プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

    2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。  「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡 […]