未知奥で「連」なる狼煙 イシス東北支所

09/16(月)21:30
img

 2017年8月11日、松岡校長はイシス編集学校の東北支所を「未知奥連(みちのくれん)」と命名した。他の支所は、関西の「奇内花伝組」、九州の「九天玄氣組」、名古屋の「曼名伽組」とグループ名が「組」であるのに対し、東北は「連」。その位置づけは特異である。

 

 同日、「未知奥連」としたためた松岡校長の書を、福島在住の鈴木康代([守]学匠)が受け取った。「白河の関を渡って東北に支所ができた」。鈴木は喜びをあらわにした。


 東北支所のもう一人の牽引役は、森由佳である。仙台在住でイシス随一の指導キャリアを誇る。森は「未知奥」というネーミングに「より未知に向かえ」という意を受けとった。「連」には「ネットワーカー的な感じがいい」と満足げだ。


 細々と活動していた未知奥連だったが、福島と仙台で ISIS FESTAを開催した。2019年8月11日と12日、旗揚げから丸2年の誕生日だった。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。