選書はリアル編集稽古 DONDEN

09/26(木)08:45
img

 イシス編集学校と編集工学研究所がコラボレーションするプロジェクトの特徴は、絶妙なスタッフィングにある。2016年1月、近大アカデミックシアターDONDEN選書チームが発足した。ディレクターは学林局・林頭の吉村堅樹、12名のメンバーはプロのマンガ編集者、図書館関係者からマンガマニアまで多彩な顔触れであった。

 

 チームは、約4万冊のマンガ・新書・文庫本の選本に取りかかる。DONDENでは、既存の十進分類法ではなく、新たな分類軸で本棚を構成する。メンバーは、編集方針に従って、歴史からスポーツまで各分野のマンガ・新書・文庫本をリストアップした。

 

 おのずとさまざまなエラーが生じる。例えば、本棚のスペースと本の数量のミスマッチ。選んだ本が入手不可能な場合もあった。そのたびに、選書チームは分類軸を立て直し、選書作業をし直す。豆腐で役者を分ける、[守]の編集稽古さながらだ。

 

 世にないものだからこそ、リアルの場で想定外が現れ、そのつど方向性を調整する。それは松岡正剛校長から課せられたリアル編集稽古であった。


  • 井ノ上シーザー

    編集的先達:グレゴリー・ベイトソン。湿度120%のDUSTライター。どんな些細なネタも、シーザーの熱視線で下世話なゴシップに仕立て上げる力量の持主。イシスの異端者もいまや未知奥連若頭、守番匠を担う。