松岡校長だけが知らないこと 感門之盟

2019/08/17(土)14:38 img
img

 松岡正剛には知らないことがある。いや、あの博覧強記の松岡校長だけが知らないことがあるのだ。それは感門之盟の師範ジャンクションの一コマのこと。壇上で校長と師範がハグをする。その時に肩越しの師範たちはそれまでに見せたことのない表情を浮かべている。


 そこには『たけくらべ』の美登利のような少女の邪険も、『ブリキの太鼓』のオスカルのような少年の悪だくみも一切ない。何期にも渡って、そのシーンを追いかけてきたスチールカメラ担当のSNS伝奏連は、ある時あることを発見した。校長ハグを受ける師範の表情は4種類に分類できる。

 まず、嬉しさが溢れてしまう「満面の笑みタイプ」。多くの人がこれに当たる。そして次に多いのが「滋味深く味わうタイプ」。ハグにも慣れたベテランに多い。ここにはけっこう強めにハグを受ける「感無量系」も含まれる。ハグデビューとなる人は「恥じらいタイプ」が多い。初々しさが微笑ましい。そして少数だが「恍惚タイプ」もいる。これは上級者だ。

 感門之盟では、普段は凛々しい師範たちの溢れる表情にも注目されたい。でも、松岡正剛だけは知らない。


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 初雪のゴートクジ 2022年初詣 10shot

    初雪にして都心では積雪10cmを超えた2022年1月6日。都内での降雪は2年ぶりだという。ゴートクジISIS館の年始会は「天から送られた手紙」とともにはじまった。  カメラを抱えながら伴走した年始会。2022年の10s […]

  • エディスト・クロニクル2021 #03 ウチとソトを飛び越えて

    緊急事態宣言が全国的に解除され、師範代が1年半ぶりに本楼伝習座に帰ってきた。師範からの叱咤激励も、同期同士との励まし合いも、リアルで味わうのが初めての師範代にとってはリアル伝習座は大事件となった。  師範代がホームに戻 […]

  • 書くとは全部を出す覚悟 多読SP「大澤真幸を読む」読了式 10shot

    申込開始後、即満席となった多読ジムスペシャルコース「大澤真幸を読む」。『〈世界史〉の哲学』(講談社)を通して”大澤真幸”と交際し、稽古をやり遂げた読衆たちが本楼に集い、12月19日読了式が開催さ […]

  • エディスト・クロニクル2021 #02 真夏の知祭り

    「千夜千冊エディション20冊突破記念フェア」がはじまった。全国津々浦々、編集学校の有志が奔走し本の祭典を繰り広げる。有志たちは店舗でのフェア実施のみならず自ら記者ともなり、フォトレポート執筆までを担う。遊刊エディスト誌 […]

  • エディスト・クロニクル2021 #01 ジョーレキ誕生!

    本日より2021年のエディスト・クロニクルを3回にわけて公開します。前半は「エディスト・クロニクル」、後半は「エディストたちに聞く2021ハイライト」です。ゆく年くる年を思いながらどうか良いお年をお迎えください。 &n […]