【特集】ETS群島リレー03@広島 小桝裕己のミッション

10/06(日)20:14
img

 広島県の総人口280万人の中にいるはずの、イシス編集学校にいま出会いたい誰か。いま出会うべき誰かのために。

 

 広島で初開催するエディットツアー「編集術で再発見! たくさんの広島」の情報を、届けるべき人にきちんと届けたい。43[守]で晴れて広島在住師範代となった小桝裕己(12[離]、31[花])のミッションが始まった。

 

 編集学校の校長は松岡正剛。松岡正剛といえば千夜千冊だ。そこからシソーラスを広げて、本好きの広島県人というターゲットが導き出された。フライヤーを片手に書店に向かう。

 

 「イシス編集学校の広島支部です」。咄嗟に出たのは、存在しない支部の名であった。仕事帰りのスーツ姿と肩書きの「らしさ」の勝利か。フライヤー30部は丸善の書店員の手に渡った。

 

 

 だが、まだ足りない。やってくる偶然をもっともっと迎えにいきたい。ふと小桝の注意のカーソルが向かった先は、交差点に面した社交ダンス衣装店。小桝の実家である。信号待ちの車内から見える高さに合わせ、ショーウィンドウにフライヤーを貼った。残念ながら、ドライバーたちは一瞥もくれず走り去っていく。

 

 ところが、帰宅後、店主の母から「私も行っていい?」。その瞬間、小桝は参観日前の男子中学生の顔になって頬をポッを赤らめた。だが気分を一新して即答する。「もちろん」。

 

 飛び込んできた者は、親だろうが何だろうが飲み込むべきだ。広島在住師範代のミッションはまだまだ続く。広島支部が本当に立ち上がる日まで。


  • 浦澤美穂

    編集的先達:増田こうすけ。メガネの奥の美少女。イシスの萌えっ娘ミポリン。マンガ、IT、マラソンが趣味。イシス婚で嫁いだ広島で、目下中国地方イシスネットワークをぷるるん計画中。