【特集】ETS群島リレー12@大阪 ほんわかキックでなにわ伝法

10/09(水)21:35
img

 ナビゲーターの山根尚子師範の本職はヨガインストラクター。すらりとした体躯から発せられる言葉はしなやかでゆるぎない。タイトルは「なにわ伝法・見立てて遊ぼう」。定員いっぱいの13名、一人も遅刻無し。炎暑の8月11日午後2時、エディットツアー大阪が始まった。


 「脳にイタ気持ちいいキックを受けるのがやみつきになって、編集稽古を続けている」と山根師範。イントロからワクワクとドキドキが高まる。


 まずは自己紹介ワーク「お菓子なわたし」でリラックス。すかさず核心に入る。編集とは何か。これぞ、なにわ流の伝法だ。松岡正剛校長の『知の編集術』(松岡正剛、講談社)の一節を声に出して順番に読む。

 

 「では、どのように編集されているかというと、これがなかなか取り出せません」。「取り出した方法をさまざまな場面や局面にいかすようにしてみようというのが『編集術』になります」。「情報をそのような「知」にしていくことが編集なのです」。

 

 インプットとアウトプットの間にある「編集」というプロセスは普段、ブラックボックスになっている。編集学校では、それを見える化して、自在に使う方法を学ぶ。情報を集める。関係づける。構造化する。演出する。[守]の4ステップを冷麺づくりのアナロジーで説明する。編集工学が一気に参加者の身近に降りてきた。


 「らしさと地と図」のレクチャーのあと、再びグループに別れて、情報の地を動かすエクササイズ。たこ焼きをスポーツという「地」に置いてみるとビーチバレー。「確かにどちらもアツアツの上を転がりますね」。ロシアンルーレットを地にすれば、ゲーム。ヒバリなら鳥。木星は宇宙。山根師範は、参加者の回答と振り返りコメントから一つ一つ方法を取り出していく。不思議とたこ焼きの「らしさ」が浮かび上がっていく。


 次に「見立てて遊ぼう」。お題「〇〇を△△に見立ててマチナカ海水浴をする」は特に人気が高かった。「海水浴のイメージを泳ぐことにとらわれず、広げてみましょう」というヒントに誘われて、「おなかまわりの脂肪を浮き輪に見立てて」「駅のベンチで寝ている人をビーチで日焼けしている人に見立てて」など傑作が連打される。

 

 破顔一笑から間髪いれず、まっすぐな眼差しで「そう、見立て遊びって身一つで楽しめるんです。何より人に優しくなれる方法でもあるんですね」。プログラム前半の要訣が引き出されたところで、ちょうど休憩時間となった。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。11歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 山手線が止まると東海道新幹線弁当が売れる

       11月16日、物語講座・蒐譚場へむかう朝。ようやく新幹線「のぞみ」東京行きのシートに落ち着いた松井路代師範代はあることに気がついた。  さっき京都駅で買ったはずの、「とり松」のバラ寿司弁当が見当たらない。 […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【後編】

    <編集会議>グループワークの後、各文叢からストーリーテラーとプロモーターが登壇し、新しく生まれた物語を発表した。  白鯨大地文叢から飛び出した物語は『白蟻』。  帯は「表:大人のための日常ホラー!?/裏:バブルの終わり […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

    [遊]物語講座・蒐譚場、前半のメインワークは「文叢六譚」だ。2つの文学作品を一種合成し、文叢ごとに新たな物語を生み出す。  といっても、実際に執筆するのではない。タイトル、キャッチコピー、著者名、章立てをアウトプットし […]

  • 1910年のビッグネーム [遊]物語講座

    [遊]物語講座では、2か月目に「編伝」に取り組む。ワールドモデルは1910年。興の動いた歴象トピックスを取り上げ、史実を元にストーリーを組み上げていく。    十一綴までの編伝作品で、110人を超えるキャラク […]

  • プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

    2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。  「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡 […]