【特集】ETS群島リレー16@大阪 セミの抜け殻 × 突き刺さる日差し × リボンの騎士=???

10/11(金)09:08
img

 うまい棒のコンポタ味と特産品の寒天を使った最中で一息いれる。山根尚子師範がナビゲートするエディットツアー大阪はいよいよ後半へ。

 

 視点を転ばす編集ワーク。2025年開催予定の大阪万博のパビリオンをプランニングする。「えっ…できるかな」。参加者のどよめきを山根師範は笑顔でふんわり包み、手際よく手順を説明していく。

 

 材料となる情報は「今朝起きてから会場に来るまでにみたもの」。30個を目標にポストイットに書きだして収集する。まずは価格順。次に「嫌いな順」に並べ替える。

 

 客観軸と主観軸で分類すると情報の見え方がずいぶん違ってくる。主観軸の上位3つを持ち寄り、編集思考素を用いて関係づける。ターゲットを定め、ひとつの企画に仕上げていく。


 45分間の自己編集と相互編集のすえ、4つの企画がこの世に生まれた。ツアーのフィナーレでは、グループごとに全員が前に出て、パビリオンのキャッチフレーズと狙いを語る。提出されたプランは以下の通り。

 

 ◆縦横無尽に未来を乗りこなす!
 魔法のじゅうたんのような乗り物が目玉のパビリオンで、ズボラで横着な人も動きたくなる。

 

 ◆THE(ザ)
 ただモノが置かれている。答え無し、押し付けのメッセージ無し、いつも追われている人に味わってほしい。

 

 ◆輪廻迷宮
 セミの抜け殻・突き刺さる日差し・リボンの騎士の三位一体から「コスプレ」というイメージが浮かんだ。性別を超える変身体験。

 

 ◆イラないステーション
 駅でのストレスで意気投合。改札機無しの改札を作ってみてはというアイデアをキャッチフレーズ化した。

 

 情報を集めて、「型」を使って動かせば、あらゆることがプランニングのエンジンになる。初めて出会った人とインタースコアできる。ネガティブな情報だって変化を起こすきっかけにできる。


 余韻を味わうように、アンケートシートには多くの言葉が寄せられた。「何かに見立てると、日常が柔らかく見えてくることを実感できたので良かったです」(男性/大学生)、「仕事である表情筋トレーニングに取り入れたいと思いました」(女性/50代)「最初はなかなかアウトプットができず、練習が必要だと感じた」(女性/20代)。もう少し遊んでいたい。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 多読ジム 茶々々な夏の振り返り

    編集かあさんのもうひとつの顔が多読ジムの冊師である。担当するのは「スタジオ茶々々」。シーズン03≪夏≫は、輪読座や感門之盟と重なったこともあり、とりわけ熱かった。  多読ジムでは、ブックツリーをつくる「ブッククエスト」 […]

  • 編集かあさん 名月と満月

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の感門之盟

    これまでの感門之盟は編集かあさんにとって「休日」だった。奈良から東京・豪徳寺まで、特急と新幹線を乗り継いでいくところ。「かあさん」を離れた「わたし」になる長い一日であり、詳しい内容も家族に話したことはなかった。 &nb […]

  • 子どもイシスにあふれたモノ、こぼれたコト【20周年感門之盟】

    「みなさん、おはようございます! ここからは子どもイシスの時間です。大人のみなさんも、お題にどうぞ挑戦してください」  感門之盟2日目朝のプログラム「子どもイシス」のナビを務めたのは「編集かあさん」連載中の松井路代[多読 […]

  • 【三冊筋プレス】プルーストを読み通す方法(松井路代)

      アンスリウム  花屋に行くと探してしまう花がある。それはアンスリウム。一見花びらに見える、艶やかで真っ赤なハート形の葉――正式には仏炎苞という――の切り込みの部分から、一本、黄色い尻尾のようなものが突き出し […]