【特集】ETS群島リレー22@金沢 わび・さび・すさびを編集する

10/13(日)08:28
img

 縁側と中庭と畳敷き。「わび・さび・すさびの編集術」のテーマにふさわしく、オープン間もない金沢町家アートスペース be金沢が会場に選ばれた。ひがし茶屋街からすぐ近くの立地だ。

 

 

 この部屋にある「さび」を集めてください。2019年8月12日、エディットツアースペシャル金沢には、小6からおばあちゃんまで、風流人11名が駆け付け、こんな問いからはじまった。

 

 さび(寂び)とは、ひっそりと落ち着いた現象にひそむ寂しさと、それに対応した感情にひそむ寂しさがまじること。小上がりの和室はガランとして、ちゃぶ台が1つあるだけなのだが、編集フィルターを使えば、次々と「さび」が集まった。

 

 開けにくそうな小窓 / 土間のひび割れ / 行灯のやわらかい光 / 黒くなった柱 / 庭の古めかしい壺 / ボソボソと落ちていく蚊取り線香 / 畳のにおい / 中庭で風化した樹皮 / あと何度聞けるか分からない蝉の声…。「この部屋から見える”さび”」を集めたのは少しルール違反だが、内外の境界が曖昧な町家ならではの情報収集であった。

 

 「わび・さび・すさび」の後には、数寄者が好む「やつし」も紹介された。クラッシュデニムもその一例である。わざと見すぼらしくする、あえて劣ったようになってみる、という日本文化の美意識のことをいう。「やつし」を表現しきっているのは、ジュリー、清志郎、それからエレカシの宮本だ。

 

 「やつし」が分かった小6は好んで髪をグシャグシャにした。



  • 八田英子

    大会社DNPの高給を袖に、編集工学を世界に広めるために編集工学研究所入所、のちに後悔(嘘)。不適な笑みを湛えながら、問答無用でばさばさと人を斬りまくる。目標は芳村真理。