まだら、まんだら、九天玄氣組。

2019/08/01(木)17:00
img

 西の果てに九天玄氣組(きゅうてんげんきぐみ)という九州パラダイスがある。ここに集う組員は、仕事も居住地も世代もバラバラ。趣味趣向もまったく違う。学衆や師範代、師範もまぜこぜ。受講期も1期から現在までと幅広い。そんなまだらな面々を結ぶ共通項目はひとつ、「九州」である。九州在住はもちろん、住んでいなくとも九州になにかしら縁があり、卒門さえすれば組員になる資格がある。

 現在、組員は45名。顔ぶれはバラエティにとむ。たとえば、美食快食系、指先魔術系、仙境画人系、瓢箪偏愛系、天然芸人系、硝子作家系、こってりインテリ系、知の温泉系、健食指南系、茶界開拓系、珈琲エディット系、野宿座禅系、世界遊人系、アタックチャンス系…などと分類したくなるほど、まったくもって一貫性がない。これがめっぽう愉快ツーカイなのである。

 

 

 組員は随時募集中だが、とくに紹介を重視している。興味があれば、まず学林局や師範に尋ねてみてほしい。「この多彩な顔ぶれの面々と一緒に編集を冒険してみたい」と希む、好奇心旺盛な九州編集人との出会いを待っている!

 


  • 中野由紀昌

    編集的先達:石牟礼道子。侠気と九州愛あふれる九天玄氣組組長。組員の信頼は厚く、イシスで最も活気ある支所をつくった。個人事務所として黒ひょうたんがシンボルの「瓢箪座」を設立し、九州遊学を続ける。

  • 南北朝の夢と将軍梅【九州ちのへん】

    イシス編集学校九州支所「九天玄氣組」の組員が九州の“をちこち”を旅する【九州ちのへん】。初回は梅の見ごろを迎えた福岡県の久留米へ足を運びました。南北朝の動乱の歴史を刻むこの地に、660年の時を越えて咲き続ける「将軍梅」と […]

  • タモリとセイゴオ対談本から40年 [九天玄氣組 年賀2021]

    毎度おさわがせの御年賀企画は、九天玄氣組が腕によりをかけて松岡正剛校長にお届けする年始のご挨拶。2021年は発足15年目の節目ゆえ例年以上の密度なり。なにしろ40年前に刊行されたタモリとセイゴオの対談本『愛の傾向と対策』 […]

  • 「脱ぎます」校長を悩殺する中洲マリリン【20周年感門之盟@九州】

    感門之盟2日目のロケ地、耶馬渓の擲筆峰(てきひっぽう)に向かう車の中で、「中洲」とどデカく書かれたTシャツを身にまとう中洲マリリン教室師範代(45守)の三苫麻里が、ハンドルを握る九天玄氣組組長の中野由紀昌に話しかける。 […]

  • 秋の彼岸、組長・リカ・マリリンの悲願とは!?

    もてなしとふるまいは日々の用意と卒意で万事OK。しかし本楼や近大アカデミックシアターのような設備も機能も不足する九州会場(大分・耶馬渓)はしつらいがお題であった。なにしろ会場となるのは田中さつき師範代の自宅。お座敷の一 […]

  • 松岡校長の「義理人情」フルスロットルで倍返し!〈九天玄氣組〉

    主客逆転の大事件であった。  「セイゴオ校長が福岡に来て九天をもてなす!? 」そんな一報が組長の中野由紀昌に届いたのは1月中旬。これまで九天玄氣組は発足会、講演会、トークイベントなどを自主的に企画してゲストに松岡校長を […]