アリストテレス賞選評会 42[破]

11/01(金)09:30
img

 アリストテレス賞選評会は、師範のプレゼンの場でもある。師範は選評委員であるが、担当教室のエントリー作品を解説するロールも担う。42[破]知文術ではエントリー率93.9%、62作品が寄せられた。


 2019年5月18日(土)、豪徳寺イシス館で開催された選評会には5人の師範と4人の評匠、学匠、月匠の計11名が集合した。昼12時半から夜8時まで、全作品をひとつひとつ検討する。


 議長の原田学匠が師範を指名してプレゼンがスタートした。稽古ぶりや創文の見どころを1作品につき5分弱で語る。その後、他の委員たちからコメントが入る。こちらは辛口が続く。


 日が暮れてきたころ、入選作品がほぼ決まった。ここで再び師範が立ち上がる。担当教室の学衆が一人でも多く入賞してほしい。最後のひと推しタイムだ。ニュートラルな立場の評匠、学匠、月匠がエントリー作品の束をひっくり返しながら再チェックする。めでたく昇格する作品もあれば、どうしても入選に至らない作品もある。


 午後8時、選評会議終了。学林堂に師範の安堵と無念のため息が溶けあった。

 


  • 吉野陽子

    編集的先達:今井むつみ。編集学校4期入門以来、ORIBE編集学校や奈良プロジェクトなど、18年イシスに携わりつづける。野嶋師範とならぶ編集的図解の女王。子ども俳句にいまは夢中。

  • 校長の書斎で見たもの

    女性が2~3歩机に近寄った瞬間、「あっ、ダメよ」と鋭い声が飛んだ。  三階の入口にある松岡校長の書斎を木村学匠(当時)が案内していた。師範代と学衆が身を乗りだして部屋を見回しはじめたので、「触らないように」と注意された […]

  • 42[破]アリストテレス賞「物語編集術」各賞受賞作品

    42[破]アリストテレス賞・物語編集術の選考結果が、2019年7月25日に発表された。    今回の特徴として、翻案の作りこみに時間をとり、作品の仕上げが駆け足になってしまったことがあげられる。全体講評で相部 […]

  • 夏の編集サロン@奈良 子ども編集学校

    人々が語り継いできた「おはなし」は、最も古く身近な編集だ。おはなしにすると子どももわかる。2019年7月28日、おやこ絵本ワークショップの報告会を兼ねた編集サロンが開かれた。参加した編集かあさんたちは「事実をおはなしに […]

  • 動物園に俳句をプラス! おやこ吟行隊が行く

    「ちゃんと575になってるよ 」 「いきなり作らなくてもいいよ」 「気になった動物の名前をメモしていくだけでも、じゅうぶん材料になるから」   「できない、むずかしい」と悩む子に、「編集かあさん」から優しいフォ […]