シーザー中毒にご用心? 43[守]別院

10/29(火)11:46
img

 「さすが師範の観察眼。ウケる、いや、唸ること間違いなし」。景山和浩番匠がシーザーこと井ノ上裕二師範の切れ味鋭い記事を別院にダイジェストで紹介した(2019年9月5日)。ニュースがニュースを呼ぶ。勧学会やチームラウンジでは師範代たちがさっそく話題に取り上げた。

 

 「福澤さんとのチョコ対話断交記事(「なぜ、あま〜い福澤美穂子が斬ったのか」)の「おしまいにしましょう」の余韻でくる笑いがヤバイっす。5回くらい繰り返し読んじゃいました」。新井陽大師範代がチームラウンジで呟いた。すでにシーザー中毒が蔓延しつつある。

 

 ボーナス企画として未公開記事を2本先取して紹介。テーマは「卒門の風景」。林朝恵番匠は卒門カウントダウンにスポットを当て、景山は43[守]卒門一番乗りの学衆に注目した。


 イシス編集学校初のニュースウェブサイト「遊刊エディスト」は新たなイシスカルチャーを生み出しつつある。

 


  • 林朝恵

    編集的先達:ウディ・アレン。「あいだ」と「らしさ」の相互編集の達人、くすぐりポイントを見つけるとニヤリと笑う。NYへ映画留学後、千人の外国人講師の人事に。