卒意と用意と決意 43[破]伝習座

11/30(土)09:23
img

 「師範代を育てられるようになりたい」「人生が大きく変わった破だった」「目標は全員突破」。[破]師範代たちは後半戦に向けて気持ちを新たにしていく。

 

 2019年11月23日、43[破]2回目の伝習座が本楼で行われた。メインは師範による用法解説。物語編集術は急遽欠席せざるを得なくなった小路千広師範に代わり、相部礼子番匠が解説担当を直前で引き受けた。

 プランニング編集術を任された渡辺高志師範は、『茶室をつくった。―佐川美術館 樂吉左衛門館 5年間の日々を綴った建築日記』(樂吉左衛門著、淡交社)をもとに佐川美術館樂吉左衞門館の設計プロセスをプランニング編集術で読み解く。芒の海という抽象イメージから、水庭の底にある茶室という具体を作り上げる。抽象と具体を行き来しながら著者が思考し続けた5年間の方法を渡辺は丁寧に取り出していく。

 十五代樂吉左衛門氏は昨年のハイパーコーポレートユニバーシティでゲスト講師として本楼に招かれた陶芸家である。

 

 番匠の卒意、師範の用意、そして師範代の決意。

 それぞれの意が交わされた伝習座の様子をショートムービーでお届けする。

 

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 12[綴]蒐譚場 物語をめぐる10ページ

    蒐譚場と書いてシュータンバと読む。[破]の先にある講座ではリアル稽古を行うのがお決まりだ。[花]では入伝式、[離]では表沙汰、[風韻]は仄明書屋、そして[物語]講座は蒐譚場。    2019年11月16日(土 […]

  • 「地」を変えて場を演出する 半想庵エディットツアー

    情報には「地」と「図」がある。  「地」と「図」が組み合わさって情報が形成されている。例えば同じリンゴでもスーパー(地)にあれば商品(図)になるし、ゴミ箱(地)にあれば生ゴミ(図)になる。子供(地)が握ればおもちゃ(図 […]

  • 【速報!】十三[離]典離発表 第72回感門之盟

    第72回感門之盟「十三[離]退院式」で4名が典離を受賞した。   絃燈院:衣笠純子さん 「編集工学に惚れ込んだ。恋心を抱きながらこれから切磋琢磨していきたい」   絃燈院:宮原由紀さん 「仕事の中で離 […]

  • NESTの魅力 エディスト便り

    楽しみ方はいろいろあるが、ねぐらもたまには覗いて欲しい。     遊刊エディストにアクセスするとまず目に入るのは「NEWS 新着記事」。ここから新しい記事をチェックする読者が多いのではないだろうか。 &nbs […]

  • 32[花]入伝式 色とりどりの10ショット!

    入伝生19人に対し、指導陣は14人。比率でいえば、ほぼマンツーマンの手厚い指導で編集コーチを育てるISIS編集学校花伝所。2019年10月26日に行われた32[花]入伝式のシーンから厳選10ショットをお届けする。