子どもかもしれない。 東広島市おやこブックワーク

01/09(木)08:58
img

[ 編集×学習 ]実践レポート001

 

『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)は、大人にも人気の絵本。ひとりの男の子がひとつのリンゴを巡って想像力のかぎりを尽くすお話だが、その尽くし方が著者のヨシタケシンスケさんの真骨頂で、ユーモアがありながら「発想の科学」の様相で展開する。

 

  

  『りんごかもしれない』(ヨシタケシンスケ/ブロンズ新社)より

 

そうした理由から、この本は編集工学研究所が理化学研究所と推進する『科学道100冊』に加わり、さらに、東広島市が新設したイノベーションラボ「ミライノ」で行われる親子ワークショップのための1冊に選ばれた。

 

子どもイシスプロジェクトのメンバー、得原藍がナビゲート役として飛んだ。サイエンスゼミ風の会場の中は、親子連れで満席。真新しい施設で初めての試みだった。

 

絵本を使うといっても読み聞かせに終わらないのがイシス式。主人公の男の子がリンゴからどう想像を広げたか、そのヒミツに注目する。そこには、シーンごとにいろんな思考の型(編集術)がひそんでいるのだ。

得原がそのヒミツをもとにしたワークの「お題」をナビゲートすると、親子でチャレンジが始まる。あっという間に対話の嵐だ。正解はないのにユニークな発想にはだれもが唸る。子どもは「むずかしいけど面白い!」、大人は「絵本は読むもの、とだけ思っていた」と声があがった。

 

大人の思考パターンが子どもの想像力を狭める。そんな「柔らかなリスク」は、親子の間にこんな「お題」や対話があるだけで、ふわりと遠ざかる。

イシス編集学校の師範代たちは、想像力を引き出す認知的道具による指南編集をISIS花伝所で徹底的に仕込まれる。「深い学び」の実践で知られるキエラン・イーガンがテキストだ。

でも、大人の成長を待つよりも方法の科学を学びたいのは、想像力を小さな胸に湛える子どもかもしれない。

 

 

 

科学道100冊プロジェクトについて。

子ども編集学校の活動はこちら。

 

第1回科学道100冊 ブックワークショップ アーカイブ


  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 【イシス祭@子ども】想像力にマスクしないで。

    ● 読書感想文を、のびのび書こう 感染防止と両立させたい大切なものは、経済ばかりではありません。 本を読んでふくらんだ想像力をいきいきとことばにする『読書感想文の編集術』は子ども編集学校の人気プログラム。 大切な子どもの […]

  • 【イシス祭@新潟】どこにいったがー、まつりの心?

    松岡正剛が、新潟・弥彦村で出会ったのは、子どもたちだった。 そして、村長と交わす壇上で語った。 「この土地には、私たちがいまもつべき物語がある」   今回のツアーで取り上げる新潟・村上大祭の主役も、子どもたちで […]

  • イシス、ハタチ。

    本日、イシス編集学校が20歳になりました。 編集稽古に答えた人、指南した人、 全員のおかげ以外のなにものでもありません。 なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだから […]

  • 秘密の稽古

       編集学校に学ぶ人々の中に、身体派は意外に多い。    ベルギーのダンスカンパニーで踊っていたり、チェンマイでコンテンポラリーダンスを公演したり、甲子園優勝校の監督を経て大学でスポーツ組織論を教え […]

  • 鬼のいたずら・福のはなうた

    およそ打ち上げや飲み会などのない編集工学研究所でも、節分は恒例となっていて、この日も世田谷区赤堤のISISビルには「福は内、鬼は外」という大声が響いた。    升から豆を掴んでは、威勢よく腕を上げ、うちそとに […]