「絶対に『破』」、卒門者へエール 42[破]

09/17(火)07:12
img

 42[]別院にて、突破学衆から43[]の仲間へのメッセージを届ける企画が開催された。

 

 [破]は松岡校長の仕事術が詰まった濃密かつ格別な4ヵ月。突破直後の学衆の語る言葉が熱くほとばしる。

 

 「間違いなく言えるのは絶対に『破』のほうが楽しい」(濱崎さん)、「短期間の通過で、世の中の物語や企画・年表、あらゆる読書の見え方が違って見えてくる感覚は、おそらく他には類を見ない体験」(西宮さん)、「突破した今、漠然は濃密な判然に変わりました」(天野さん)、「守を卒門した時はもう破に片足を突っ込んでいる」(小峰さん)。

 

 卒門し、扉が開かれているなら、迷う余地はない。

 

 43[破]の概要と申込方法はこちら


  • わたなべたかし

    編集的先達:井伏鱒二。けっこうそつなく、けっこうかっこよく、けっこう子どもに熱い。つまり、かなりスマートな師範。トレードマークは髭と銀髪と笑顔でなくなる小さい目。

  • 43[破]セイゴオ知文術に向けて 42[破]受賞作の稽古模様

    43[破]は開講3週目を迎え、いよいよ文体編集術の総仕上げ「セイゴオ知文術」にさしかかっていく。10月26日、比叡おろし教室の角山さんからセイゴオ知文術の初稿が届いた。22日に文体編集術・後半のお題が届けられ、わずか4 […]

  • はじかみ梅澤、最多の706 42[破]

    「ここから始まるみなさんの冒険がいっそう輝かしいものになりますように」。今期、最後に教室の鍵を掛けたのは、はじかみレモン教室の梅澤師範代だ。    2019年8月15日夜、42[破]9教室のすべてが閉じられた […]

  • 42[破] 最後の鍵、8月13日18時8分

    残った回答に指南を返し終えると、師範代としての最後の仕事を迎える。教室の施錠だ。    2019年8月12日23時56分、平野師範代の発酵エピクロス教室が閉じられた。13日0時37分、脳交ハニカム教室。2時4 […]