蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【後編】

11/29(金)19:00
img

 <編集会議>グループワークの後、各文叢からストーリーテラーとプロモーターが登壇し、新しく生まれた物語を発表した。


 白鯨大地文叢から飛び出した物語は『白蟻』。
 帯は「表:大人のための日常ホラー!?/裏:バブルの終わりに高級住宅を買った家族の物語」。著者名は川江新。江戸川乱歩×星新一である。『大地』から「家族の物語」という要素を継承し、『白鯨』のエイハブ船長の狂気を重ねた。白字に銀字のペンという装丁と白蟻を連想させる点描がモダンホラーの「らしさ」を演出していた。

 

 ニルス吉里吉里文叢の物語は『塹壕のサイバーアスリート』。
 帯は「表:100年前の戦場に迷い込んだ中学生が見たものは/裏:ゲーム好きのあなたに知ってもらいたいこと」、裏表紙に「VRブースのナイチンゲール」と青字で惹句をあしらった。
 スウェーデンの作家・ラーゲルレーヴが教育協会から依頼を受け教科書として書いたという『ニルスのふしぎな旅』の誕生のいきさつをアナロジー。ゲームのしすぎが問題視されるヤングアダルト世代への推薦図書として仕立て、プロモーションも先生向けのメッセージとして磨き上げた点が評価された。

 

 三番手は百日紅ギャツビー文叢の『ボーン・カレンシー』。帯は「表:生き終えたお前の骨がまことの価値だ/裏:恋も正義も革命もすべては価値の転換だ」。赤羽綴師から「生まれるという意味のボーンにも通じて、なかなかおもしろそうですね」というコメントを受け、一同うなづく。物語は、手を離れた瞬間、読み手によって新たな意味づけがなされる。

 

 松岡正剛校長は「どれもよいと思うよ」と目を細めた。3つの新しい物語の芽は、いずれもただの「作り物」ではなく、書き手たちが生み出してきたテキストの大地に根を張り、育っていくポテンシャルを秘めていた。「読む」も「書く」もインタースコアの賜物であり、「型」を共有しておけば、エディティング・モデルの違いを存分に交わすことができる。何より、締切の力は偉大だ。
 「ハラハラしながら、させながら、おもしろかった!」大音美弥子叢衆の掛け値なしの振り返り。物語講座の仕掛けを肌で感じた1時間30分となった。


 ◆蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

ニルス吉里吉里文叢『塹壕のサイバーアスリート』

3つの文叢から生まれた3冊の「本」

 

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。11歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 山手線が止まると東海道新幹線弁当が売れる

       11月16日、物語講座・蒐譚場へむかう朝。ようやく新幹線「のぞみ」東京行きのシートに落ち着いた松井路代師範代はあることに気がついた。  さっき京都駅で買ったはずの、「とり松」のバラ寿司弁当が見当たらない。 […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

    [遊]物語講座・蒐譚場、前半のメインワークは「文叢六譚」だ。2つの文学作品を一種合成し、文叢ごとに新たな物語を生み出す。  といっても、実際に執筆するのではない。タイトル、キャッチコピー、著者名、章立てをアウトプットし […]

  • 1910年のビッグネーム [遊]物語講座

    [遊]物語講座では、2か月目に「編伝」に取り組む。ワールドモデルは1910年。興の動いた歴象トピックスを取り上げ、史実を元にストーリーを組み上げていく。    十一綴までの編伝作品で、110人を超えるキャラク […]

  • プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

    2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。  「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡 […]

  • 【特集】ETS群島リレー16@大阪 セミの抜け殻 × 突き刺さる日差し × リボンの騎士=???

    うまい棒のコンポタ味と特産品の寒天を使った最中で一息いれる。山根尚子師範がナビゲートするエディットツアー大阪はいよいよ後半へ。    視点を転ばす編集ワーク。2025年開催予定の大阪万博のパビリオンをプランニ […]