親子で連想 いろはにこんぺいとう

10/01(火)11:00
img

 2019年3月21日、9回目となる「ことば×からだ☆おやこ絵本ワークショップ」が行われた。ナビ役は奇内花伝組の松井路代と吉野陽子だ。

 

 キーブックの『あんたがた どこさ おかあさんと子どものあそびうた』(ましませつこ、こぐま社)からわらべうた遊びをピックアップ。アタマとカラダをほぐしたら、本物のこんぺいとう3粒を五感で味わう。感じたことをみんなで言葉にして、連想ゲームの「型」でイメージをつなげていく。

 

 

♪いろはにこんぺいとう こんぺいとうはあまい
♪いろはにこんぺいとう こんぺいとうはいろんないろがある
♪いろはにこんぺいとう こんぺいとうはとげとげ
♪いろはにこんぺいとう こんぺいとうはぜくぜく

 

 

 親子一緒にワークシートに清書してリボンで綴じる。「さく・え」の欄に名前を書きこんで本にする。それをナビがひとつずつ声に出して読む。

 

 くだもの、ダイアモンド、おばけ、宇宙人と縦横無尽なイメージの鎖がみんなをあちこちにつれていく。自分の歌が読まれる時はちょっと誇らしい。仲間の歌は文句なしにおもしろい。拍手と笑いが1時間の編集遊びを締めくくった。

 

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 編集かあさん家の千夜千冊『方法文学』

    編集かあさん家では松岡正剛千夜千冊エディションの新刊を、大人と子どもで「読前」している。    白鯨とライ麦  町の小説教室に参加した帰り、新しい千夜千冊エディション『方法文学』を買ってきた。   長男が遠めに […]

  • 多読ジム 茶々々な夏の振り返り

    編集かあさんのもうひとつの顔が多読ジムの冊師である。担当するのは「スタジオ茶々々」。シーズン03≪夏≫は、輪読座や感門之盟と重なったこともあり、とりわけ熱かった。  多読ジムでは、ブックツリーをつくる「ブッククエスト」 […]

  • 編集かあさん 名月と満月

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の感門之盟

    これまでの感門之盟は編集かあさんにとって「休日」だった。奈良から東京・豪徳寺まで、特急と新幹線を乗り継いでいくところ。「かあさん」を離れた「わたし」になる長い一日であり、詳しい内容も家族に話したことはなかった。 &nb […]

  • 子どもイシスにあふれたモノ、こぼれたコト【20周年感門之盟】

    「みなさん、おはようございます! ここからは子どもイシスの時間です。大人のみなさんも、お題にどうぞ挑戦してください」  感門之盟2日目朝のプログラム「子どもイシス」のナビを務めたのは「編集かあさん」連載中の松井路代[多読 […]