軌跡を残すは石か、イシスか マタギの里・阿仁

2019/11/13(水)10:14
img

 「WA Rockはじめました」。夏のある日、秋田県北部のマタギの里・阿仁に向かう途中、あまりの暑さにソフトクリームを買った店で、レジ横にそんなメッセージを見かけた。「WA」とはWestern Australiaのこと。絵を描いた石に「WA Rock」と書いて置いておくと、それと知る人が気に入ったものを持って帰る。顔の見えぬ人に石を贈る遊びだ。

 

 古来ウルル(エアーズロック)を聖地と崇め、岩や石に知恵の痕跡を残してきたアボリジニたち。そこで始まった遊びが日本で広まりつつある。その中心が山の神を崇めてきたマタギの土地だ。日本最多の4基のストーンサークルが見つかった伊勢堂岱遺跡(縄文時代後期)にほど近い。 

 

 ここでは場所が主役であり、人はただWA Rockのように、動き回り通り過ぎてゆくものに過ぎない。だが、アボリジニが祖先の精霊の旅を歌や踊りや壁画にしたように痕跡を残し、歴史を伝える。時代を超えて、動線が交わる。それはインターネット上の教室でインタースコアされていく編集稽古の軌跡と相似形だ。

 

 2000年6月1日にネット上に開校したISIS編集学校は、来年20周年を迎える。師範代から教室に届けられる指南のアーキタイプ(原型)を辿っていけば、20年前の指南に行き着く。通り過ぎていく人たちのあいだで「方法」は受け渡され、先々まで継承されていく。

 

  • 林 愛

    編集的先達:山田詠美。日本語教師として香港に滞在経験もあるエディストライター。いまは主婦として、1歳の娘を編集工学的に観察することが日課になっている。千離衆、未知奥連所属。