手づくり絵本『なつの575』 おやこWS

09/04(水)12:30
img

 2019年6月1日、大阪天王寺にて、奇内花伝組が「ことば×からだ☆第10回おやこ絵本ワークショップ」を催した。イシス未経験の方も歓迎の編集遊びの会。3歳から8歳までの子と親が俳句づくりにトライした。

 

 「お久しぶり」「はじめまして」の挨拶のあと、準備運動として『ことばのえほん かっきくけっこ』(谷川俊太郎 堀内誠一、くもん出版)、『どうぶつ句会 オノマトペ』(あべ弘士、学研)をワイワイ読む。


 手拍子で575のリズムを体に刻み、俳句気分を高めたら、親子で共作タイムへ。花火、船、雨蛙、かき氷、傘の風景写真から連想を広げる。集めた言葉を575の型にのせる。よりイメージが鮮やかな作品になるように一緒に推敲していく。


 リボンで綴じて、「作・絵」に名前を書き入れて、手づくり絵本『なつの575』が完成。ナビゲーターがコメントしながら一句ずつ音読し、おみやげに手づくり絵本のPDFを配布した。

 

 大人の参加者からは「家でも読んでいます」、子どもたちからは「次はいつなの?」等々、うれしい便りが届いている。

 

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。11歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 山手線が止まると東海道新幹線弁当が売れる

       11月16日、物語講座・蒐譚場へむかう朝。ようやく新幹線「のぞみ」東京行きのシートに落ち着いた松井路代師範代はあることに気がついた。  さっき京都駅で買ったはずの、「とり松」のバラ寿司弁当が見当たらない。 […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【後編】

    <編集会議>グループワークの後、各文叢からストーリーテラーとプロモーターが登壇し、新しく生まれた物語を発表した。  白鯨大地文叢から飛び出した物語は『白蟻』。  帯は「表:大人のための日常ホラー!?/裏:バブルの終わり […]

  • 蒐譚場・文叢六譚のインナーストーリー【前編】

    [遊]物語講座・蒐譚場、前半のメインワークは「文叢六譚」だ。2つの文学作品を一種合成し、文叢ごとに新たな物語を生み出す。  といっても、実際に執筆するのではない。タイトル、キャッチコピー、著者名、章立てをアウトプットし […]

  • 1910年のビッグネーム [遊]物語講座

    [遊]物語講座では、2か月目に「編伝」に取り組む。ワールドモデルは1910年。興の動いた歴象トピックスを取り上げ、史実を元にストーリーを組み上げていく。    十一綴までの編伝作品で、110人を超えるキャラク […]

  • プロット・マインドで「罠」 12綴開講メッセージ

    2019年10月7日(月)、[遊]物語講座12綴が開講した。今年度は、白鯨大地文叢、ニルス吉里吉里文叢、百日紅ギャツビー文叢の3文叢、19名の叢衆での幕開けとなった。  「国王が亡くなった、そして王妃が哀しみのあまり亡 […]