魔法の粉は効くか? 小学校で編集ワーク

01/07(火)07:32
img

 

[ 編集×学習 ]実践レポート002

 

 

「二つ目の角を右にまがって、それから朝までまっすぐ!」

 

素っ頓狂なピーター・パンのかけ声は、ウェンディー達を空へと運ぶ。

編集稽古でもまた、フライング・キッズを見ることができる。

 

 

 

 

2019年秋、川崎市内のとある小学校では、子ども編集学校による「よみかき編集ワーク」が行われていた。

進行を担当したのは、得原藍(39[破])。大学でバイオメカニクスを教えながら、家では子育て、地域では子どもの運動発達を指導する仕事を行う、多才ウーマンである。

 

ここではどんな「魔法の粉」が子どものイマジネーションを引き出したのか。同じく子育て編集中の上原悦子師範代がインタビューした。

 

 

 

 

 

ー「よみかき編集ワーク」は、どんな内容なんですか?

 

オノマトペでダンスを作る「ことばダンス」、自分の元気度に名前をつける「元気のスコア」など、ことばの幅を広げるワークをしています。オノマトペはかなり面白かったようで、「またオノマトペやりたい!」と、毎回リクエストされます(笑)

 

 

ー最初からそんなにノリノリでした?

 

いや~、ワークショップを始めた時は、「で、何書けば正しいの?」的な反応をする子が多かったですね。

子どもたちにはまず「何を答えてもいい」「人の発想って面白い」「意見を言っても誰からもバカにされない」という思考を持ってもらえたらいいなと思いながらやっています。

 

 

ー発想していいんだ!というところか。子どもも「正解」にとらわれて「魔法の粉」がすぐには効かないんですね。

 「よみかき編集ワーク」をやっていて、子どもが変わったな、という瞬間があれば。

 

学業はできて、すごくにぎやかで目立つタイプの子がいるのですが、その子が「エンピツの使い道」を考えるときに、「イライラ解消に折る」とか「嫌な相手のお尻に刺す」とか、みんなが何言ってるんだー!と思うような回答を。

でもそれも、「折れる素材でできている道具」だってことに注目したんだねーとか、「エンピツって刺さるほど尖っているからエンピツだよね!」とか、彼が本来狙っている「ウケ」とは違う見方で『面白いな!』って返してみたんです。

そうしたら本人は「え?そこ?」という顔をしてたんですが、周りの子は「なんだそんな答えでも、確かにエンピツらしいかも?」と思った子もいたみたいで、こちらの返答をよく聞いてくれている視線を感じました。

大人もそうだと思うんですが、自分の回答を受け止めてもらって、それに対して返答してもらう、それを集団の中で流さずにやってもらう、ということって普段あんまりないと思うんですよね。

でも返答してもらえるからこそ、「言ってみよう」と思ってくれるのかな、と。

 

 

ーー「発想」「表現」の間にあるプロセスに手を添えたのが得原さんの言葉ですね。私が師範代として指南するときも同様です。「方法を示す」というひと手間があれば、「なるほど!そんな考えもいいんだー」と、遊びが「方法の学び」になりますね。

 

 


どんな発想も、面白い!と受け止めてくれる大人の存在と方法を示す言葉。

編集の魔法の粉は、子どもたちの想像力の羽にひらひらと降り注いでいる。

 

 

聞き手:上原悦子(師範代/NPO支援)

 

 

子ども編集学校の活動はこちら。


  • 佐々木千佳

    編集的先達:岡倉天心。「24時間働けますけどなにか?」。無敵の笑顔の秘密は未だ明かされない学林局局長。NEXT ISISでも先頭を日夜走り続けている。子ども編集学校開校は積年の願い。

  • 34花「お楽しみはここから」ガイダンス

    お楽しみはこれからだ。   サイレント映画がトーキーになった1927年、スクリーンに映しだされた俳優が初めて発したセリフ「You ain’t heard nothin’ yet」には、こ […]

  • 【イシス祭@札幌】北の国から、はっちゃきこくツアー

    札幌は、編集力を磨くのにうってつけだ。 まず、碁盤の目のように整った道路が「分けたい、繋げたい、見立てたい」という編集心をそそる。 一歩足を踏み入れると、当たり前と思っていたものの見方や物差しが揺さぶられる。 「インター […]

  • 【イシス祭@子ども】想像力にマスクしないで。

    ● 読書感想文を、のびのび書こう 感染防止と両立させたい大切なものは、経済ばかりではありません。 本を読んでふくらんだ想像力をいきいきとことばにする『読書感想文の編集術』は子ども編集学校の人気プログラム。 大切な子どもの […]

  • 【イシス祭@新潟】どこにいったがー、まつりの心?

    松岡正剛が、新潟・弥彦村で出会ったのは、子どもたちだった。 そして、村長と交わす壇上で語った。 「この土地には、私たちがいまもつべき物語がある」   今回のツアーで取り上げる新潟・村上大祭の主役も、子どもたちで […]

  • イシス、ハタチ。

    本日、イシス編集学校が20歳になりました。 編集稽古に答えた人、指南した人、 全員のおかげ以外のなにものでもありません。 なぜといえば、この学校が伝えてきたのは、こうして交わされなければ影も形もなくなってしまうものだから […]