編集はとまらない。「エディットツアー@おやこ」のその後

2021/04/24(土)09:53
img

 あきらくん、けいすけくん、まみちゃん、ごうくん、ももこちゃん、しおりちゃん、わこちゃん、たまきちゃん、いとかちゃん、みちちゃん。
 4月3日のエディットツアー@おやこに参加した子ども達は、赤ちゃんから小学4年生まで10人。大人10人もまざってワイワイガヤガヤ、春の編集ワークを遊んだ。

 一つ目のワークは景山卓也師範代がナビする「モノしりとり」。
 景山ナビが「オレンジ色の丸いもの」を見せる。これはなんだろう? 子ども達が頭の中のイメージの辞書をくって、答えていくところから始まる。
 手に持っていたのはオレンジ色のピンポン玉だった。
「ではこれに似たもの、つながりそうなものを家の中から探してこよう!」
 30秒もしないうちに10のモノが集まる。バランスボール、果物、ラケット、ペットボトルのキャップ。形、色、切りくちはさまざま、ナビが一口コメントで応じる。みんな同じところと違うところ、両方を併せ持っている。「似たもの」は「ズレたもの」でもあるのだ。ズレは愉快の素である。
 集まったモノの中から一つが選ばれ、それがまたお題となる。ペットボトルのキャップからの「ペットの鳥」、カバーから「かばん」など、コトバでつなげる子どもたちも登場した。「箱入りの本」と「枕」など、普段は一緒にしないものがどんどん混ざり合ってくる。

 2つ目のワークは、松井路代師範代の「春っぽいもの」。 
 家の中で春らしいものを探したあと、「生える」「咲く」「伸びる」「うまれる」など、春の述語を写真と一緒に振り返った。
 ナビがミュートを外してオッケーですと声をかけると、「このお花、幼稚園のところで見たよ」「テントウムシが産卵してる! テレビで見たことがある」。言葉がどんどん飛び出してきた。
 もうみんな「春」は知っている。そのうえで、「春フィルター」を意識することで、次の日から家の中や、公園や野原の見え方がちょっと変わったらいいなというのがワークの狙いだった。何より、ナビ自身がツアーの数日前に、公園に「春っぽいものさがし」をしにいって、普段は見過ごしているような小さいものを見つけたり、今しか見えない姿を見出したりしたからである。

 

 ツアー後、参加のみなさんから返ってきたQシート(アンケート)にこんなメッセージを見つけた。

どこまで集中できるか不安でしたが、前のめりにワークする姿が見れて、親の気持ちとしても嬉しいというか、ほっこりしました。

つい近視眼的になる親ではできない、ナビゲーターからの柔軟なフィードバックは職人技。子育ての極意を見るようでもありました。せっかくの集いなので、オンラインだと難しいでしょうが、子供同士の掛け合いがあるとさらに面白くなりそうだと感じます。

さっそくお風呂で春っぽいものを探してひと盛り上がりしました^^ ありがとうございました。


 次の日どころか、その日のお風呂の中でもう一度遊んでくれてる。早い!
 子どもの編集の一つに「とまらない」がある。
 ワークの時に咲いていたタンポポはもうみんな綿毛になっている。
 次に子ども達に、エディットツアーやイシス子どもフィールドのシーズン・ミーティングで会うときは、「見方」だけでなく、髪の長さや背丈、面構えだってほんの少し変わっているのだろう。




 

 

 

「春」のあれこれ。小さな公園に探しに出ると、テントウムシが卵を産んでいるところに遭遇した。

 

 

◆イシス子どもフィールド
https://edist.isis.ne.jp/post/kodomofield_open/

 

 

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 編集かあさんvol.26 トマトの収穫

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 余白の感問応答返(編集かあさん家)【77感門】

    千夜千冊クイズには参った。  前の日に千夜千冊エディションを積み上げて、クイズ対策していたにもかわらず、予想以上のテンポと擬きっぷりにに緊張し、早々に脱落してしまった。  脱落した後もしつこく回答をする。「これは、脳と […]

  • 出世魚・ホンゴジラ・P1グランプリ(編集かあさん家)【77感門】

    感門之盟2日目は午前11時開始。“かあさん”は今日も感門之盟にオンライン参加。お昼ご飯もブレイクアウトタイムにあわせてである。  生シンセサイザーの出世魚教室命名コーナー、「これって何?」と長女(8)にずばり聞かれる。 […]

  • クロニクルに大興奮(編集かあさん家)【77感門】

    感門之盟1日目、編集かあさんは守師範代や千離衆の言葉に瞠目し、時には端然とし、ずっと動かされっぱなしだった。  子どもたちとの会話がもっとも盛り上がったのは夜のDANZENエディションショー2である。  PCモニターの […]

  • タブロイド遊び(編集かあさん家)【77感門】

    編集かあさん家は、感門之盟にいつもオンライン参加している。楽しみの一つがタブロイド版である。  前の夜、開封すると子どもたちも寄ってきた。今回は“かあさん”が原稿を書いたコーナーもあると知っていて楽しみにしていた。   […]