エディスト・クロニクル 2019 Movie #01 更新する師範と感門

12/30(月)16:00
img

 令和元年もあと2日。

 今日から明日にかけて3回に渡り、2019年をショートムービーで振り返っていきたい。

 

 2月11日建国記念日に”日本の師範”を目指すべく「師範IS&IS講」が立ち上がった。編集工学を深めるべく小倉加奈子師範と川野貴志師範がレクチャーを担当した。

 

 第69回感門之盟(会場:DNP五反田ビル)は、これまでの式次第に大きく変更をかけて、[守]は1階で卒門式、[破]は2階で突破式とパラレル同時開催。後半には[守][破]学衆の稽古にスポットライトをあてる新しいコーナーが仕立てられた。[破]ハイパープランコンペでは、妖怪をテーマにしたミュージアムをプランニングした梅澤光由(粘菌櫻座教室)が最優秀賞を受賞。梅澤は突破後、13[離]を典離し、ノンストップで32[花]に入伝した。

 

 師範像も感門之盟も更新をかけていく。

 

 

 


2019年 エディスト・クロニクル(1月~5月)


凡例

●:編集学校イベント

◎:千夜千冊、松岡校長著書

○:国内外のニュース

 

○01.08 レスリング吉田沙保里引退

◎01.11 1694夜『トポフィリア』イーフー・トゥアン

○01.16 横綱稀勢の里引退

●01.19 30[花] 花伝敢談儀

◎01.23 1695夜『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』ガイ・ドイッチャー

○01.26 テニス大坂なおみ全豪OP初優勝、日本勢初の世界ランク1位

◎01.29 1696夜『遺言。』養老孟司

◎02.07 1697夜『日本語はいかにつくられたか?』小池清治

●02.11 第1回 師範IS&IS講

◎02.19 1698夜『心を自然化する』フレッド・ドレツキ

●02.23 [物語]11綴 感話集

◎02.23 千夜千冊エディション『感ビジネス』(角川ソフィア文庫)

○02.24 ドナルド・キーン逝去

◎02.26 1699夜『日本語が亡びるとき』水村美苗

○02.27 米朝首脳会談ベトナムで開催

◎03.06 1700夜『華厳の思想』鎌田茂雄

●03.09 第69回感門之盟 42[守]41[破]30[花]

◎03.15 1701夜『欲望を生み出す社会』スーザン・ストラッサー

○03.15 ニュージーランド銃乱射事件

◎03.23 1702夜『歓待のユートピア ノマドのユートピア』ルネ・シェレール

○03.21 マリナーズ・イチロー引退表明

◎03.29 1703夜『ギルガメシュ叙事詩』矢島文夫訳

●03.30 43[守]42[破] 伝習座1

○04.10 国立天文台など国際チーム、世界初ブラックホール撮影成功

◎04.15 1704夜『苔のむすまで』杉本博司

○04.15 パリ・ノートルダム大聖堂大火災

◎04.24 1705夜『ヨーロッパ精神史』フリードリッヒ・ヘーア

◎04.24 千夜千冊エディション『芸と道』(角川ソフィア文庫)

◎04.28 1706夜『政談』荻生徂徠

○04.30 平成天皇陛下退位

○05.01 令和天皇陛下即位、令和に改元

◎05.03 1707夜『密林の語り部』マリオ・バルガス=リョサ

●05.11 31[花] 入伝式

◎05.13 1708夜『精神現象学』G・W・F・ヘーゲル

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • デファクトスタンダードを突き破る 32[花]花伝敢談儀 10shot

    19名全員放伝。32[花]入伝式から3ヶ月が経ち、2020年1月25日(土)花伝敢談儀を迎えた。これまでの演習を振り返り、師範からの評価とアドバイスを携えて、師範代になるための最後のプログラム。敢談儀を渡り、時分の花を […]

  • エディスト・クロニクル 2019 Movie #03 離ユニオンと出世魚

    13[離]退院式は、これまでの千離衆も集う離ユニオン(Reunion)となった。13離衆の退院を祝いながらも、あの時の苦み、恋情、そしてZESTが季を超えて会場で交じり合う。    秋になると井ノ上裕二、和田 […]

  • エディスト・クロニクル 2019 Movie #02 言葉・偏愛・ETS

    令和の幕開けとともに編集学校で最も苛烈な[離]が13季目を迎え開講した。『千夜千冊エディション ことば漬』(角川ソフィア文庫)と『万葉集の詩性 令和時代の心を読む』(角川新書)は風韻講座と追走し、稽古を彩る。 &nbs […]

  • 真夜中のツッカム正剛 本〆會

    世間が年忘れに励む12月20日(金)、本楼では本〆會が催された。松岡校長の親しい方々とイシス編集学校の師範・師範代たちで総勢100名を超える参加者が集い、一年を振り返り言葉を交わし合った。  この日は12月24日(火) […]

  • 評判よりも評価力 44[守]伝習座

    和歌の優劣を競う文学遊戯を歌合わせという。平安時代の批評文化を44[守]を「地」にして翻案すると「指南合わせ」になる。    [守]番選ボードレール1回目の講評発表を間近に控えた2019年12月14日。指導陣 […]