エディスト・クロニクル 2019 Movie #02 言葉・偏愛・ETS

12/30(月)23:00
img

 令和の幕開けとともに編集学校で最も苛烈な[離]が13季目を迎え開講した。『千夜千冊エディション ことば漬』(角川ソフィア文庫)と『万葉集の詩性 令和時代の心を読む』(角川新書)は風韻講座と追走し、稽古を彩る。

 

 「今年はフェチでいく」という松岡校長の言葉に重ねるように31[花]入伝生たちは、自らのフェチ(偏愛)を掲げ、師範代になっていく。

 

 ラグビーW杯開幕に先駆けて、Edit Tour Special(ETS)が全国12ヶ所で同時開催。「福島でEdit Tourをやりたい」という鈴木康代学匠の積年の思いが各地で一気に芽吹く夏となった。

 

 遊刊エディストも数年に渡る構想・準備期間を経て、9月3日ついにオープンした。

 

 


2019年 エディスト・クロニクル(5月~9月)


凡例

●:編集学校イベント

◎:千夜千冊、松岡校長著書

○:国内外のニュース

 

●05.25 42[破] 伝習座2

◎05.25 1709夜『パンとペン』黒岩比佐子

○05.25 トランプ米大統領来日

●06.01 43[守] 伝習座2

◎06.08 1710夜『ダロウェイ夫人』ヴァージニア・ウルフ

○06.09 香港学生大規模デモ

◎06.14 1711夜『蘇東坡(上・下)』林語堂

◎06.14 千夜千冊エディション『ことば漬』(角川ソフィア文庫)

●06.15 第2回 師範IS&IS講

○06.20 バスケ八村塁、日本人初のNBA一巡目指名

◎06.21 1712夜『間主観性の現象学』エトムント・フッサール

○06.28 G20大阪サミット開催

●06.29 [風韻]17座 仄明書屋

◎06.29 1713夜『日本アパッチ族』小松左京

◎07.10 1714夜『エルテ』永瀧達治

◎07.10 『万葉集の詩性 令和時代の心を読む』(角川新書)

○07.11 はやぶさ2、リュウグウへの2回目着地成功

◎07.16 1715夜『リヒテンベルクの雑記帳』ゲオルグ・クリストフ・リヒテンベルク

○07.18 京都アニメーション放火

○07.24 ボリス・ジョンソン英首相就任

◎07.25 1716夜『名編集者パーキンズ』A・スコット・バーグ

●07.27 31[花] 花伝敢談儀

○08.04 ゴルフ渋谷日向子全英女子OP優勝

◎08.07 1717夜『ライティング・スペース』ジェイ・デイヴィッド・ボルター

●08.10 Edit Tourスペシャル全国開催(~08.12)

●08.17 13[離] 表沙汰

◎08.21 1718夜『ハエ・マウス・ヒト』フランソワ・ジャコブ

◎08.23 千夜千冊エディション『神と理性 西の世界観I』(角川ソフィア文庫)

●09.03 遊刊エディスト開設

●09.07 第70回感門之盟 43[守]42[破]31[花]

○09.08 台風15号上陸

◎09.11 1719夜『性とスーツ』アイ・ホランダー

●09.14 [風韻]17座 感歌會

◎09.19 1720夜『フォッサマグナ』藤岡換太郎

○09.20 ラグビーワールドカップ日本大会開幕

○09.23 グレタ・トゥンベリ国連で演説

 

 


  • 後藤由加里

    編集的先達:小池真理子。NARASIA、DONDENといったプロジェクト、イシスでは師範に感門司会と多岐に渡って活躍する編集プレイヤー。フレディー・マーキュリーを愛し、編集学校のグレタ・ガルボを目指す。

  • 夕星輝く仄明書屋 風韻講座10shot

    温泉と呼ばれる唯一の講座 風韻講座。しかし、稽古は決して楽ではない。見立ての由来は俳句、短歌、都都逸など日本の定型詩を詠んでいくことで温泉に浸かっているかのように何かが解きほぐれていく感覚からきているのかもしれない。 […]

  • 松岡校長が初インタビューに選んだお相手は? 45[守]伝習座10shot

    「鈴木康代劇場」と銘打って、45[守]の2回目伝習座が6月6日(土)に行われた。2回目といっても今季は初の「1.5回目」があったから実際は3回目だ。オンライン伝習座の回数を重ねてきたイシススタジオにも季節の香りが立ち込 […]

  • 破るためのイニシエーション 44[破]伝習座10shot

    ブレークとは破壊ではない、トランスフォームである。破るとは何か、そのためにはどのような状態に持っていかないといけないのか。  セイゴオ知文術を経て、44[破]は後半へと突き進んでいる。ブレークするためのイニシエーション […]

  • 世阿弥に肖り 33[花]入伝式 10shot

    稽古は強かれ、情識はなかれ。実験するイシススタジオにも情識はないようだ。オンライン化に伴い33[花]は従来の入伝式を2回に分け、ガイダンスと入伝式を2週続けて行う。濃度を上げた入伝式当日の表と裏を10ショットでお届けす […]

  • ハイパー最終講 コロナ時代に松岡正剛が選ぶ二十二冊

    弘法大師空海は曼荼羅を立体曼荼羅として密教の教えを具現化した。  HCU最終講の本楼に現れたのは”立体千夜千冊”とも言えるような本の林立。前日リハから当日の塾長最終講義の直前まで松岡塾長自ら選書、配置、見せ方まで何度も […]