倍率4.5倍!21世紀生まれの学衆現る 45[守]近大

04/27(月)10:02
img

 コロナの春、オンラインで大学の門をくぐったのは21世紀生まれの18歳だった。前代未聞を背負う学生たちは、イシス編集学校にも押し寄せる。

 4月某日、学林局では緊急会議が開かれていた。近畿大学の学生受講が始まって4期目となる45[守]。過去最高となる183名の応募があったのだ。定員は40名。選抜には、論述課題が課せられることに決定。視聴課題は松岡正剛校長が出演した「オデッサの階段」。

 

 合格者たちは、4月20日開講当日、Zoom会場に集結した。橋本英人参丞が発破をかける。
「合目的的な学びを超え、未知との出会いを目指してほしい」

 

 

 激戦をくぐり抜けた彼らは、それを目指すだけの基礎体力をすでに備えているからだ。自分をお菓子に見立てての自己紹介では、全員が即座にチャット応答。
「ねばねばのみたらし団子」

「直進するパチパチ飴」
「すぐ溶けるカカオ75%チョコレート」

 

 3人の近大番(川野貴志師範・山根尚子師範・梅澤奈央師範代)は、指南を忘れ、賞賛という名の飴ちゃんをばら撒く。

 川野は太鼓判を押す。

「イシスで学ぶのは、40〜50代が多い。10代、20代の近大生諸君が、大人たちの度肝を抜くことは間違いない」。

 

 

 かつて近大はこう宣言した。「固定概念を、ぶっ壊す」。

 40名の選ばれし若者は、イシスの新しい歴史を作ろうとしている。

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。