おまたせ!編集談義・再会!喜々なオンライン汁講

07/16(木)10:24
img

 3台のカメラを用意して、45[守]師範代・古野伸治は待っていた。1台は「おまたせ再会」の教室名カードと『松岡正剛千夜千冊』を、もう1台は『日本文化の核心』と『文体練習』を映し出している。


 2020年6月27日19時。次々と4人の学衆と師範が画面上に出揃った。オープニング動画が流れて、一気に学衆たちは未知な体験へ引き付けられた。
45[守]で最初のオンライン汁講が口火を切った。

 

イシス編集学校の汁講といえば、それまでテキストのみでやり取りしていた面々が、初めて互いに姿を明かし合うのが醍醐味のひとつ。古野はそこに「お題」を仕掛けた。
【わたしをアブダクって!(自己紹介)】。学衆は名前を伏せて数字を名乗り入室。各々自己紹介として「面白かった・印象に残った稽古」を語っていく。それをヒントにアブダクション。「○○番さんはだれ?」
開講当初より、古野に薦められて指南感想を書き、共読してきた学衆たちから「やっぱり!」と的中した喜びの声が飛び交った。

 

あっという間に3時間が経っていた。
2002年6[守]で入門。8年ぶり3度目の師範代登板。編集学校でリアルな汁講体験を数々積んできた古野の終了直後の感想が、その充実ぶりを表していた。

 「やっぱり、編集は面白い!回答は嬉しい、指南は楽しい!オンラインは即レスだし、場づくりだし、表情応答だし、ワクワクする!でした」

 

学衆たちからも続々と、興奮と感動が詰まった感想が届けられた。

 「土曜日はあっという間の3時間!ありがとうございました。皆さんの雰囲気やお顔を見て、なぜか、どなたか分かってしまう不思議」

 「テキストのみのやり取りから対面へ。普段は味わえない体験、面白かったです」

 

 教室から汁講という場へ動くとき、いちばん大きく変わるのは、テキストが声と表情になること。これが叶うのであれば、たとえ身体は離ればなれであっても、オンラインで「場」は出来上がっていく。コロナ禍のおかげで、「対面」の意味を広げる時間となった。

 

 45[守]21教室それぞれに、オンライン汁講への挑戦の夏が始まっている。


  • 山根尚子

    編集的先達:内田樹。身体も言葉も笑顔もひたすら柔らかいヨガ講師。あらゆることを生き生きとした情報ととらえ、むっちゃ楽しそうに語れるのが真骨頂。「ISIS」の字をヨガで見事現した壁紙は無料配布中。