震えと涙で能力開放! バンビ森の神獣化

2021/02/19(金)10:11
img

 「エッキョウ汁講」。46[守]襟足バンビ教室師範代、尾島可奈子が願いと決意を込めたネーミングだ。
 開講以来、学衆の回答を丁寧に掬い続けてきた。指南はもちろん、囁くような声も聞き逃さず勧学会に共読の場を立ち上げた。稽古はお題を重ねるごとに深まっていた。しかし第1回番選ボードレールには悔いが残った。もっともっと、バンビのようにジャンプできたのではないかと。
 汁講は過去をエッキョウ・今とエッキョウ・未来へエッキョウの三間連結仕立て。稽古を振り返り、互いのつながりを深めるためのワークが準備されていた。お菓子や動物に喩えての他己紹介では、金平糖や水ようかん、トラやパンダが飛び出した。担当師範の武田英裕は教室を「たべっ子どうぶつ」に喩えた。「いろんな動物がいるバンビの森、みなさんは動物から神獣に進化できるはず」の言葉に、それぞれの気持ちが引き出された。番ボー講評に選ばれなかった悔しさ、逃げ場をつくっていたことへの気づき、師範代への申し訳なさ。過冷却の水に小さな振動が加わると一瞬で氷柱が出現するように、教室に蓄積されていたエネルギーが一気に結晶化した。全員の気持ちの震えが合わさって相転移が起きた瞬間だった。
 尾島は汁講を「決起集会」と結んだ。師範代の目に光る涙を学衆は見逃さなかった。年が明け、第2回番ボーでの襟足バンビ教室の活躍は目を見張るものだった。回答と指南のスレッドは長く伸び、エントリーした全員が入選・入賞を果たした。武田は驚嘆の賛辞を贈った。

 2月の第2回汁講プランは学衆が組み上げ、[破]だけではなく、[花伝所]へ、師範代へ、編集の人生へと向かう対話が飛び交った。
 教室みんなの力で壁も境も乗り越え、バンビは神獣となった。跳躍はもう止まらない。


武田師範による汁講のイラスト。似ているだけではなく、各自の最高の笑顔を捉えている。2回目の汁講には[破]植田フサ子評匠と[花伝所]深谷もと佳花目付が駆けつけ、編集する人生を垣間見せてくれた。
 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 速さをモノにせよ 47[守]速修コース締め切り間近!

    速修は日常である。毎日出題があろうが、定常コースより1カ月短かろうが、速修コースの参加者にとっては当たり前のことなのだ。  この春卒門を迎えた46[守]では「速修」を狙っての受講者は非常に少数だった。ほとんどが受講を決 […]

  • 得番録は愛情弁当 47[守]稽古模様

    開講3週目を迎えた47[守]。18の教室に「得番録」が届いた。  師範代の手による稽古の進捗記録簿であるが、教室のみんなで共読したい回答や発見が添えられている。一週間の稽古を讃えあう表彰状でもあり、師範代が学衆に贈る手 […]

  • 新奇開店 EDITBAR5人の客【75感門 BAR】

    春の嵐が吹き荒れた日、本楼の一角に一夜限りのバーが出現した。名前をEDITBARという。 本楼カウンターが表舞台になったのも、マダムと化した[守][破]学匠の胸にスパンコールが光るのも、学衆の隣に師範代がいないのも、初め […]

  • 「落花狼藉オトコ」九州を急襲【75感門 九州】

    春の嵐のように、その男は突然やってきた。 感門初日の深夜25時。1本のメールに品川未貴(46[守]四次元カフェ教室師範代)は驚いた。 差出人は46[守]落花狼籍教室師範代の齋藤成憲。なんと明日(正確には今日)、福岡にやっ […]

  • 震度6 幹は揺るがず

    2021年2月13日23時8分頃、福島県沖を震源地とする地震が発生した。  [守]の稽古場EditCafe上で真っ先に声をかけたのは行間達人教室師範代、田中睦だった(23時33分)。「安全なところにいらっしゃいますよね […]