そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

2021/07/13(火)12:39
img

 43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。
 季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだろう。番匠によれば、お題の数を絞ったことも要因だという。しかしそれだけではない。伸長の理由は学衆の言葉にも表れている。

 

   他の教室でも日々素敵な言葉が飛び交っているのかと思うと
   もう、覗いてみたくて堪りません。 

                    (縞々BPT教室)

 

   真剣にやればやるほど楽しくなってくる不思議な感覚
                    (混合ポリローグ教室)

 

   顔の見えないみなさんのことが、チラチラと、見えてくる面白さ
                    (セッケン時空屋教室)


   番ボーでの作品を一挙に拝見した時に、こんなにもたくさんの
   学衆さんたちが同じお題に取り組んでいることをリアルに
   感じることができました(圧巻でした)。
   なんだかとても嬉しく、心強い仲間!
                    (ピアソラよろしく教室)

 


 7月11日(日)、47[守]は『番選ボードレール』のエントリー締め切りを迎えた。繰り返した番稽古と別院での交感で「相互編集」の魅力を実感した学衆は、卒門へ、その先へとひた走るだろう。

 
 ☆47[守]七夕のささやかな願い に寄せられた短冊より☆

  
    金魚の浴衣・銀河の花火

     百日紅の浴衣・月下美人の花火
      纏う浴衣・散る花火


     ささやく笹の葉・こたえる短冊

      一枝の笹の葉・万葉の短冊

 

        舟上の浴衣・水面の花火

         地上に浴衣・空には花火

          そわそわと浴衣・まじまじと花火

           僕の目に映るは浴衣・君の瞳に映えるは花火


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 速さをモノにせよ 47[守]速修コース締め切り間近!

    速修は日常である。毎日出題があろうが、定常コースより1カ月短かろうが、速修コースの参加者にとっては当たり前のことなのだ。  この春卒門を迎えた46[守]では「速修」を狙っての受講者は非常に少数だった。ほとんどが受講を決 […]

  • 得番録は愛情弁当 47[守]稽古模様

    開講3週目を迎えた47[守]。18の教室に「得番録」が届いた。  師範代の手による稽古の進捗記録簿であるが、教室のみんなで共読したい回答や発見が添えられている。一週間の稽古を讃えあう表彰状でもあり、師範代が学衆に贈る手 […]

  • 新奇開店 EDITBAR5人の客【75感門 BAR】

    春の嵐が吹き荒れた日、本楼の一角に一夜限りのバーが出現した。名前をEDITBARという。 本楼カウンターが表舞台になったのも、マダムと化した[守][破]学匠の胸にスパンコールが光るのも、学衆の隣に師範代がいないのも、初め […]

  • 「落花狼藉オトコ」九州を急襲【75感門 九州】

    春の嵐のように、その男は突然やってきた。 感門初日の深夜25時。1本のメールに品川未貴(46[守]四次元カフェ教室師範代)は驚いた。 差出人は46[守]落花狼籍教室師範代の齋藤成憲。なんと明日(正確には今日)、福岡にやっ […]

  • 震えと涙で能力開放! バンビ森の神獣化

    「エッキョウ汁講」。46[守]襟足バンビ教室師範代、尾島可奈子が願いと決意を込めたネーミングだ。  開講以来、学衆の回答を丁寧に掬い続けてきた。指南はもちろん、囁くような声も聞き逃さず勧学会に共読の場を立ち上げた。稽古 […]