そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

2021/07/13(火)12:39
img

 43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。
 季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだろう。番匠によれば、お題の数を絞ったことも要因だという。しかしそれだけではない。伸長の理由は学衆の言葉にも表れている。

 

   他の教室でも日々素敵な言葉が飛び交っているのかと思うと
   もう、覗いてみたくて堪りません。 

                    (縞々BPT教室)

 

   真剣にやればやるほど楽しくなってくる不思議な感覚
                    (混合ポリローグ教室)

 

   顔の見えないみなさんのことが、チラチラと、見えてくる面白さ
                    (セッケン時空屋教室)


   番ボーでの作品を一挙に拝見した時に、こんなにもたくさんの
   学衆さんたちが同じお題に取り組んでいることをリアルに
   感じることができました(圧巻でした)。
   なんだかとても嬉しく、心強い仲間!
                    (ピアソラよろしく教室)

 


 7月11日(日)、47[守]は『番選ボードレール』のエントリー締め切りを迎えた。繰り返した番稽古と別院での交感で「相互編集」の魅力を実感した学衆は、卒門へ、その先へとひた走るだろう。

 
 ☆47[守]七夕のささやかな願い に寄せられた短冊より☆

  
    金魚の浴衣・銀河の花火

     百日紅の浴衣・月下美人の花火
      纏う浴衣・散る花火


     ささやく笹の葉・こたえる短冊

      一枝の笹の葉・万葉の短冊

 

        舟上の浴衣・水面の花火

         地上に浴衣・空には花火

          そわそわと浴衣・まじまじと花火

           僕の目に映るは浴衣・君の瞳に映えるは花火


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 泡立つ九天 其の三 ・ 発表!第1回Q・TENフォトコンテスト受賞作

    テキスト重視のイシス編集学校にさざ波を立てる企画が立ち上がった。九州支所・九天玄氣組(以下、九天)のアワード企画第ニ弾「Q・TENフォトコンテスト」だ。フォトコンテストと言っても撮影技術を競うことが目的ではない。お題を […]

  • 体験!正解のない時代に効く「編集力」ツアー開催

    イシス編集学校は、世界でひとつの方法の学校である。 「そこで何が手に入るのか?」と疑問に思ったなら、即エディットツアーに申し込むべし。 [守]選りすぐりの指導陣による、とっておきの編集体験が待っている。 ★49[守]受 […]

  • 層を重ねよ、目を開け―49[守]018番

    守の折り返し点、用法2最後のお題「層なんです」。2つの事象の「目盛り」を取り出し、重ね、混ぜ混ぜしながら新たな「目盛り」をつくるジャグリング風味のお題である。  2つのうち一つは「人の成長の目盛り」を使うというしばりが […]

  • 泡立つ九天―本日のテンキ譚

    毎晩日付が変わる頃、九天玄氣組(以下九天)のラウンジにぷくっと泡が立つ。投稿しているのは飛永卓哉(38破/福岡)、2022年1月1日から欠かさず届け続ける「本日のテンキ」である。  テンキは天気と転記の意味を持つ。九州 […]

  • ぢとずの関係にうずうず―49[守]004番

    「天敵」なのに「支え」である。「隠れ蓑」にも「小さなゴール」にもなる。「広告のステージ」で「縄張りの主張」、「凶器」や「文化遺産」とも化す。「障害物」で「汗と血の結晶」で「ノスタルジー」で「童話の主人公」。そいつの名は […]