ただし焚き火はバーチャルで 32[花]キャンプ開催

01/06(月)21:20
img

「正月の本当の意味を知るには、このミタマノフユを理解する必要があります」松岡正剛は言う。厳しい冬が終わり、新しい春へとむかう。ある種の威力がめざましくなっていくその状態を「フユ」と呼び、その再生の始まりはもともと冬至であった、と。(千夜千冊1215夜『日本語に探る古代信仰』

 

令和元年、冬至。イシス編集学校でも、学衆から師範代へのメタモルフォーゼを遂げようとする者たちの儀式が行われていた。

2019年12月22・23日の2日間、32[花]花伝キャンプが開催された。正式名称、指南編集トレーニングキャンプ。各道場で7週間の演習に耐え抜き、編集魂をたしかに受け継ぎつつある19名全員にとって、師範代認定をかけた最後の修行の場である。

 

キャンプといっても、もちろんオンライン。入伝生たちが寝泊まりするのは、EditCafe内にしつらえられたキャンプ場。今期は「ソージ組」「ルイジ組」の2つのコテージに分かれて、ブートキャンプさながらの48時間を送る。

 

毎期、革新的な進化を遂げる花伝所。近年の充実っぷりは、「ポケベルからスマホになったよう」と巷で噂になっている。このキャンプが始まったのは、2012年18[花]から。奇しくも編集工学研究所が赤坂から豪徳寺へ引っ越したその日に第1回が行われ、いまや花伝所の名物企画だ。

 

 

***

 

 

キャンプ場での課題は多い。入伝生たちは、朝から食事の間も惜しんでコテージに詰めている。心地よい疲労感に包まれた初日の夕暮れ。田中晶子所長がしずしずと現れた。
「課題3を出題します」
キャンプの目玉、グループワークの開始だ。3〜4人のチーム分けがなされ、そのメンバーで議論せよとアナウンス。テーマの御触書を見て、入伝生は口をあんぐりと開ける。田中は婉然と微笑む。
「問いに満ち溢れている状態にすること、問答を起こすことが、キャンプのねらいと考えてよし」

 


問いが噴出した。
「何から何まで全く不明」「そもそもそれ、稽古してないのですが……」「いや、稽古してても謎です」
師範たちからの「指導」に鍛え抜かれた入伝生たちでさえ、泣き言をもらす。だが、彼らに立ち止まる暇はない。翌朝10時には、グループごとにアウトプットを出せとの要求がある。

チームによっては、休日出勤中の者、泣く子の世話に追われる者、体調を崩している者もいる。お題の意味がわからない、メンバーが揃わない。不足とも思える与件をどう編集するか。ここに入伝生の覚悟が問われる。

 

手探りで始まった議論はだんだんと白熱。コテージの明かりは深夜3時半まで灯り、夜明け前から起き出す者もいた。なにが彼らを駆り立てるのか。夜通し語られる言葉には、好奇心と探究心がほとばしる。
「擬人化してみるといいかも」「これ、十牛図と重なりました」「いまはしっくりこないけれど、ある瞬間、スッと自転車に乗れるようになるように、編集術も身体化していきたい」

 

答えのない問いに向かうのは苦しい。しかし、だからこそ痛快なのだ。すぐ隣には、ともに未知へと踏み出す仲間もいるのだから。ひと晩での発言数443件は、入伝生が一丸となって、謎めくお題へと立ち向かった名誉の足跡である。

 

 

***

 

 

すべてのワークが終了し、日もとっぷりと暮れたころ。「骰子一擲堂」という広場で、ひとつの「トージキャンドル」に火がついた。マッチを擦ったのは、三津田知子花目付。

発売直前の千夜千冊エディション『編集力』の第一夜にちなんで名付けられたこのスペースに、上気した顔の入伝生が集まってくる。グループごとに「着火!」と叫んでは、議論の続きや感想戦になだれ込む。ときに、花伝師範や錬成師範へ質問が飛ぶ。

 

「子どもがいうんです、『ママ、編集学校やめて』って。先達のみなさんもそんな経験ありますか」
稽古に没頭してしまうがゆえの悩みに、入伝生からも共感が寄せられる。指導陣がつぎつぎと応答する。


「後ろめたさがそうさせるのでしょうか、僕は編集学校が始まると、家族に優しくなると言われています」(奥本英宏師範)
「『ママは、私より松岡正剛が好きなんでしょ』と言いつつ、松岡校長の動画を一緒に見ています」(美濃越香織師範)

 

火を前にすると、普段は隠されている表情がふと現れる。全員が車座になって、見えないはずのキャンプファイヤーを見つめていた。しずかな魂のふるえが、そこにはあった。

 

翌日、キャンパーが去ったコテージには1冊のノートがあった。そこに寄せられたのは、入伝生それぞれの振り返り。
「歩の遅いのは、承知の上。苦手があるのも、自覚の上。けれど、うっすらと自信のようなものが、芽生え始めています。私、できるかもしれないっと」

32[花]に春は近い。

 

新年の祈りとして、入伝生一人ひとりに特製おみくじが届けられた。類推魔 風流恢恢(ふりゅうかいかい)花御籤。


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。

  • 近大生のクリスマス〜欲しいのは、単位と貯金と編集スキル〜

    ある者は、クリスマス仕様のうまい棒30本を胸に抱え、ある者は、新時代の味噌汁について構想を語る。イネの免疫システムがレクチャーされるすぐ横で、ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフとロシア語の呪文が踊っている。   […]

  • Amazonレビューを卒業する2つの方法 43[破]アリスとテレス賞

    読んだ本についてうまく語れない。多くの人が悩みを抱える。書けば、誰かにおもねるような読書感想文か、評論家気取りのカスタマーレビューになってしまう。そんな問題を鼻息ひとつで吹き飛ばし、松岡校長の千夜千冊から徹底的に学ぶのが […]

  • 新書を股裂き!目次読書の公開WS開催@大阪

    図書館スタッフは悲鳴をあげた。「まずは、本をバキバキに割ります」帯を剥がし、表紙を脱がし、両の手でページを掴みぐりぐりと背を開く。「180度開脚できます?あれですあれ」と、福田容子師範はまっさらな新書を手込めにする。参 […]

  • 人気No.1はあの本だった! 43[破]知文AT

    3人4脚のマラソンが終わった。読み・書きの両輪を磨きあげる[破]コースでは、松岡正剛の千夜千冊にまねぶ「セイゴオ知文術」が前半の山場だ。知文アリスとテレス賞(通称AT賞)という全校アワードとして、受講生全員が火花を散ら […]