camp_mikuji

01/06(月)10:44
img


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。

  • ただし焚き火はバーチャルで 32[花]キャンプ開催

    「正月の本当の意味を知るには、このミタマノフユを理解する必要があります」松岡正剛は言う。厳しい冬が終わり、新しい春へとむかう。ある種の威力がめざましくなっていくその状態を「フユ」と呼び、その再生の始まりはもともと冬至であ […]

  • 近大生のクリスマス〜欲しいのは、単位と貯金と編集スキル〜

    ある者は、クリスマス仕様のうまい棒30本を胸に抱え、ある者は、新時代の味噌汁について構想を語る。イネの免疫システムがレクチャーされるすぐ横で、ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフとロシア語の呪文が踊っている。   […]

  • Amazonレビューを卒業する2つの方法 43[破]アリスとテレス賞

    読んだ本についてうまく語れない。多くの人が悩みを抱える。書けば、誰かにおもねるような読書感想文か、評論家気取りのカスタマーレビューになってしまう。そんな問題を鼻息ひとつで吹き飛ばし、松岡校長の千夜千冊から徹底的に学ぶのが […]

  • 新書を股裂き!目次読書の公開WS開催@大阪

    図書館スタッフは悲鳴をあげた。「まずは、本をバキバキに割ります」帯を剥がし、表紙を脱がし、両の手でページを掴みぐりぐりと背を開く。「180度開脚できます?あれですあれ」と、福田容子師範はまっさらな新書を手込めにする。参 […]

  • 人気No.1はあの本だった! 43[破]知文AT

    3人4脚のマラソンが終わった。読み・書きの両輪を磨きあげる[破]コースでは、松岡正剛の千夜千冊にまねぶ「セイゴオ知文術」が前半の山場だ。知文アリスとテレス賞(通称AT賞)という全校アワードとして、受講生全員が火花を散ら […]