種蒔きの汁講・芽吹きの番ボー―48[守]

2022/01/07(金)15:22
img

 10千暮、キジムナー、mso、まるこ、どろんこ。師範代大濱朋子のディレクション通り、48[守]点閃クレー教室のZoom汁講は編集ネームで入室することからスタートした。本当の名前の当てっこが始まる。回答の印象と初めて見る学衆の佇まい、鍵と鍵穴がカチャリと合う瞬間である。お互いに「初めまして」のはずなのに「お久しぶり」と言いたくなる不思議な懐かしさ。緊張していた顔が徐々にほころんでいく。

  「師範代、すごいっ!うまいっ!」。ワークに入る前に「ちょっと失礼」と画面から消えた大濱の再登場に歓声があがった。大濱の背景の黒板に、漱石と鴎外のイラストごと『インタースコア』P272~273の「MIMELOGIA」が再現されていたのだ。

 「ミメロギアやってみましょ」と戸惑う学衆をよそにいたずらっ子の顔になった大濱が促す。番匠の若林牧子も「ミメロギアの醍醐味は、まったく異なる情報が結びつくこと」と煽る。ここまで用意されたら拒否するわけにはいかない。学衆たちは出されたお題に必死で食らいつく。制限時間は5分だ。

ついでのUSJ・だんぜんのTDR

キリストのクリスマス・神様のお正月

踊るビール・舞う赤ワイン

 

 「言葉の揃いがいい」「もっと削げる」「まだまだ言い換えられる」--全員が同朋衆になりきっての講評会では檄が飛び交う。「自分の数寄が一番大切。だけど他者の目も少し借りよう」。第2回番ボーを見据えて大濱が焚きつける。

 「ところで、指導陣のみなさんは、眠れているのですか?睡眠時間はどうなっていますか?」。学衆Mがかねてから抱いていた疑問を口にした。2か月の間、モンスターのごとく昼夜を問わず教室に登場し、ずっと面白い指南を放ち続ける師範代に驚きを隠せない。指導陣は「回答が届くからできる」と頷きあい「みんなもやってみればわかる」と微笑んだ。

 大晦日もお正月も編集稽古は止まらない。第2回番ボーのラリーが始まったのだ。汁講によって用意十分の学衆たちが師範代の指南の卒意を掻き立てる。もちろん学衆同士の相互共振も起きている。「Kさんの編集方針を参考にしながらペースあげます」「みなさんの回答を共読して、ぐっと視野が変わった」「まだまだ遊び心が足りない」。 

 どんな作品が生まれるだろうか。エントリー締め切りは1月9日だ。

 

汁講開催日:2021年12月18日(土)
参加学衆:河野智寿、古山華代、増尾友明
     大濱朋子師範代、若林牧子番匠、師範阿曽祐子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 【田中優子の編集宣言】必要なのは編集力 自由への方法を獲得せよ

    今期、メモリアルな第50期を迎えた守の特別講義を担うのは、法政大学前総長で江戸文化研究者の田中優子氏だ。「サンデーモーニング」(TBS)のコメンテーターとしての顔も持つ。長く教育業界に身を置き、縦横無尽に現代社会に注意 […]

  • だるまたち、起きあがり、空白を埋める―50[守]

    2023年が明け、50[守]師範代から教室の学衆に年始の挨拶が贈られた。学衆の面々と出会えた2022年への感謝と共に、この先への期待と覚悟が漲る。そして、どの師範代も「まずは番ボー」と添えることを忘れない。年の瀬から仕 […]

  • 「Return to 守」で乱世に春を呼べ―50[守]

    50期[守]別院のミメロギア神社への参拝客が後を絶たない。「編集の力を携えて新たな春を迎えたい」と願い、納められるおみくじの束が清々しい。1月1日時点で23本も集まった。    では、次の数字は何をあらわして […]

  • 汁講鍋からその先へ―50[守]

    「汁講鍋の残りで〆の雑炊をつくろう」 未だ温もりが冷めぬ汁講の翌朝、厳選タングル教室の勧学会に学衆の細井あやがスレッドを立ちあげ、呼びかけた。待っていたかのごとく、学衆たちの発言がつながった。「それぞれの土地の味わいが加 […]

  • 【近江ARS】瀬戸を越えよー12/21(水)第3回「還生の会」

    古くは「淡海(あわうみ)」と呼ばれたこの地は、律令制の導入に伴い「近江」と記されるようになった。    2021年12月3日、いつしか世間の関心からは遠のいたこの地に「近江から日本が変わる」と掲げる一座が姿を […]