大阪のおばちゃんの実像は?

2021/12/07(火)14:11
img

 「教頭先生を想像していました」「近所のおばちゃんのような方かと」。汁講の冒頭で、「はいから官界教室」の学衆たちは描いていた師範代のイメージを語った。先月行われたイベント稽古「番選ボードレール(番ボー)」で、師範代の竹岩直子は、大阪のおばちゃん指南を繰り広げていた。


ええね、編集の加速や!
このまま さしかかりのカーブ曲がったろな!

 

もう指南でうんちゃら考え込んでいる時間はない。
いくで~。

 

瞼裏の光に、閃くイマジネーション!
ええやないの!

 

せやけど、安心したあかん!
まだ、調べれるもんも、磨けるもんも残ってるやんな。

 大阪在住の竹岩は、勢いよく指南を届けながらも、言い切る言葉で学衆を傷つけてしまうのではないかと心配していた。「短くて的を射た言葉で不足に気づけた」「成長ポイントが見えて心地よかった」「ほめられて伸びるタイプだけど、おもしろかった」。不安が吹き飛ぶ感想に、竹岩の顔がほころぶ。稽古の中でセレンディップな気づきもあったという。「星という字を見たら空の星しか浮かばなかった私。番ボーがなかったら、星の由来や漢字が持つストーリーに一生触れずに過ごしていたと思う(Sさん)」「見えるものを視覚では表さない、別の感覚で表現したほうが伝わるんじゃないか。番ボーの間に気づいたことです(Yさん)」。竹岩は嬉しさを隠せない。

 学衆は口にした。「こんなに若くて綺麗な方だったんですね!」。キリっと太っ腹な指南も放つ師範代は、清楚でたおやかな佇まいなのである(アイキャッチ画像左上)。

 48[守]で初、早めの汁講で顔を合わせ、二次元から三次元に転換したはいから官界。「見えない感」を表象すべく、これからますます次元を増やしていくだろう。

 

初汁講(茶話会)には3名の学衆が参加。次はみんなで会いたいね。

 

 


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 師範代は回答がお好き――回答があれば似顔絵も描ける

    「らしさ」は守の主題だけに、本気でむつかしい。かつて伯楽と呼ばれた師範は語った。 この「らしさ」に真っ向勝負を挑んだのは、48[守]平時有事教室師範代、石黒好美である。 ターゲットは12月12日の汁講。開講してから3週間 […]

  • きりんは内科、するめはゴールキーパー。 ならば「わたし」はどう分ける?

    「豆腐で役者をわける」。[守]の稽古38題中、8番目のお題タイトルだ。  売上高や収益率、得票数や偏差値なんぞの数値で分けるだけでは世界は分からない。まったく違うカテゴリーで分けることでこれまでなかった見方が獲得できる […]

  • 縞々BPT教室の目利き力

    設計士に操縦士、インフルエンサーにナイチンゲール。いずれも47[守]縞々BPT教室メンバーの属性である。と言っても職業ではない。あだ名でもない。称号だ。  2021年7月末日、縞々BPT教室1回目のオンライン汁講が開か […]

  • そっちの笹はお~もいぞ・こっちの稽古はう~まいぞ

    43[守]29.5%、45[守]31.6%、47[守]46.2%。土用のうなぎのぼりのような数字は、春開講[守]講座恒例の別院企画【七夕のささやかな願い】への参加率だ。  季節の行事への欠乏感が募る世情の現れでもあるだ […]

  • 速さをモノにせよ 47[守]速修コース締め切り間近!

    速修は日常である。毎日出題があろうが、定常コースより1カ月短かろうが、速修コースの参加者にとっては当たり前のことなのだ。  この春卒門を迎えた46[守]では「速修」を狙っての受講者は非常に少数だった。ほとんどが受講を決 […]