一山越えて、次の頂へ【50[守]空文字アワー】

2022/11/23(水)07:10
img

 ある簡単な文に一か所「空白(  )」が用意されている。ここに自由に「言葉」を入れ、新しい空白(   )を一つ加える。次の人も同じことを繰り返す。徐々に文章が長くなり、物語となっていく。守稽古の用法1が終わりにさしかかる頃にスタートする勧学会イベント「空文字アワー」だ。

 言葉を入れ、新たな空白を加えるシンプルなゲームだが、入れる言葉によって、文意が広がったり、物語の地が大きく入れ替わる。いかに仲間を驚かせようか、どの学衆もいつの間にかしゃかりきになる。と同時に、物語が変わりゆくたびに、歓声があがる。


 兄弟教室である厳選タングル教室とダルマ・バムズ教室でも、例にもれず、たくさんの声に湧いた。

◆厳選タングル教室◆
・プテラノドン!!!とびっくり。
・新たな登場人物(猫)が!! ふたりが今後どのように絡んでいくの
 か、目が離せませんね!
・ダダ・シュルレアリスム詩のように連綿と無意識の言葉つなぎが
 続きますように
・時空が歪んでいて輪廻転生もしている感じ、好きです。

◆ダルマ・バムズ教室◆
・お題への回答も一部まだですが、こちらから先に失礼します…^^;
・そろそろ誰かなぜ親父の怒鳴り声が響くとご当地カレーになるの
 かオチをつけてくださいませんか?
 と、言いつつ話を広げます。
・いつの間にやらカレー色に染まっているのに驚きました笑

 

 8日後にゲームオーバーとなった。が、山頂の景色を味わう間もなく、両教室では師範代が次の編集をけしかけた。出来上がった世界でたった一つの物語に、皆でタイトルをつけようというのだ。
 ダルマ・バムズ教室では学衆の一人が、仲間の言葉にちなんだタイトル案を提案する傍ら「なんとなく消化不良なのでこっそり書き足します」と完結したはずの物語を更に拡張した。厳選タングル教室では、出された3つのタイトル案に「もうひとひねり」の編集をかけて、新タイトルを生み出した。

 「変化を意識することの難しさを感じつつ、自分の限界が皆さんのおかげで超えられる体験でした」と振り返りの声も届いた。イシス編集学校校長、松岡正剛は「編集には”とことん”も必要で、編集稽古はあきらめてはいけません」と「chase(絶対にあきらめずに追いかける)編集」を促す。開講してからひと月あまりで、編集稽古へのカマエは十分。50[守]は、第1回番選ボードレールに突入した。仲間と共にどこまでも山を登り続けたい。

 


  • 阿曽祐子

    編集的先達:小熊英二。ふわふわと漂うようなつかみどころのなさと骨太の行動力と冒険心。相矛盾する異星人ぽさは5つの小中に通った少女時代に培われた。今も比叡山と空を眺めながら街を歩き回っているらしい。

  • 【田中優子の編集宣言】必要なのは編集力 自由への方法を獲得せよ

    今期、メモリアルな第50期を迎えた守の特別講義を担うのは、法政大学前総長で江戸文化研究者の田中優子氏だ。「サンデーモーニング」(TBS)のコメンテーターとしての顔も持つ。長く教育業界に身を置き、縦横無尽に現代社会に注意 […]

  • だるまたち、起きあがり、空白を埋める―50[守]

    2023年が明け、50[守]師範代から教室の学衆に年始の挨拶が贈られた。学衆の面々と出会えた2022年への感謝と共に、この先への期待と覚悟が漲る。そして、どの師範代も「まずは番ボー」と添えることを忘れない。年の瀬から仕 […]

  • 「Return to 守」で乱世に春を呼べ―50[守]

    50期[守]別院のミメロギア神社への参拝客が後を絶たない。「編集の力を携えて新たな春を迎えたい」と願い、納められるおみくじの束が清々しい。1月1日時点で23本も集まった。    では、次の数字は何をあらわして […]

  • 汁講鍋からその先へ―50[守]

    「汁講鍋の残りで〆の雑炊をつくろう」 未だ温もりが冷めぬ汁講の翌朝、厳選タングル教室の勧学会に学衆の細井あやがスレッドを立ちあげ、呼びかけた。待っていたかのごとく、学衆たちの発言がつながった。「それぞれの土地の味わいが加 […]

  • 【近江ARS】瀬戸を越えよー12/21(水)第3回「還生の会」

    古くは「淡海(あわうみ)」と呼ばれたこの地は、律令制の導入に伴い「近江」と記されるようになった。    2021年12月3日、いつしか世間の関心からは遠のいたこの地に「近江から日本が変わる」と掲げる一座が姿を […]