【速報】ドラミ、秋の収穫祭──進破師範代への断然エール

2021/09/19(日)09:30
img

土管の空き地に助太刀5人衆が集結した。

 

この秋、47[破]師範代登板を決めた稲垣景子にエールを贈ろうと、44[守]ドラミ助太刀教室の学衆仲間が汁講を企画した。稲垣は、2020年の春、44[守]を卒門、その後、進破、花伝所入伝と迷うことなく編集道を歩む。翌春、47[守]オブザぶとん教室で師範代デビューを果たすと、つづけて47[破]への連続登板を決めた。そんな稲垣のために、花伝所まで歩みを共にした教室仲間の谷田和子が声をかけたのだ。

 

汁講には、同じく教室仲間の長田陽子、そして、師範代の松永惠美子と師範の白川雅敏が集った。8人を卒門に導き、多数が進破を決めているという、稲垣師範代の47[守]の教室プロフィールを言祝ぎ、47[破]でのさらなる健闘を祈った。

 

クライマックスには、「助太刀新聞」の特別号外が贈られた。新聞社勤務の長田が、第77回感門之盟のタブロイド形式パンフレットに肖り、みずからがデスクとなり腕を振るった。稲垣師範代による圧倒的指南数を、オブザぶとん教室に因んだアイコン◆添えで伝える見出しが光る。長田デスクが出した「進破する師範代へ贈るエール本を」とのお題への回答、ドラミ選書は、号外を読まれたい。

 

 

松岡正剛校長から贈られた出世魚教室名は「オブザ・ベーション教室」。桜の花が咲くころ、稲垣は分節点の意味をめぐる旅から戻るだろう。稲垣師範代の帰還を祝う汁講での再会を約し、助太刀衆は土管の空き地を後にした。


  • 白川雅敏

    編集的先達:柴田元幸。イシス砂漠を~はぁるばぁると白川らくだがゆきました~ 家族から「あなたはらくだよ」と言われ、自身を「らくだ」に戯画化し、渾名が定着。編集ロードをキャメル、ダンドリ番長。

  • 49[破]に第3のアワード誕生

    [破]に新たなアワードが誕生した。といっても全教室参加の「アリスとテレス賞(AT賞)」ではない。チーム限定の非公式、ローカルなAT賞擬きである。49[破]の2教室、藍染発する教室(古谷奈々師範代)と臨刊アフロール教室(西 […]

  • 49[破]に起きた偶然

    世界は偶然に満ちている。   アメリカ作家オースターの持論であり、「偶然」を好んで小説に取り入れてきた。それが人気の一因となる一方、偶然はそうそう起きるものではないという批判もある。そんなオースターが意を強くす […]

  • メタモルフォーゼする[破]文体編集術

    [破]の文体編集術が変わる。   といってもお題が改編されるわけではない。文体編集術と言えば、[破]の濃密稽古の幕開けを告げる編集術。[守]に全学衆が集う「番ボー」があるように、[破]にもアリスとテレス賞(AT […]

  • 感門之盟ノ歌「中空の月」【79感門】

    79回感門之盟の後、“中空”に松岡正剛が鎮座する。   49[守]チーム中空プラント、忖度しないわ教室師範代の相部礼子(写真右)と男装いとをかし教室師範代の野住智惠子(写真左)との記念ショットである。[守]では […]

  • 「ミメロギアワセ」──汁講の方法

    本楼にて「ミメロギアワセ」が開催された。7月3日日曜日のことである。   「ミメロギアワセ」とは、「ミメロギア」と「アワセ(合わせ)」を一種合成した造語。ミメロギアは、一対の言葉のイメージを、連想力を膨らませて […]