【速報】ドラミ、秋の収穫祭──進破師範代への断然エール

2021/09/19(日)09:30
img

土管の空き地に助太刀5人衆が集結した。

 

この秋、47[破]師範代登板を決めた稲垣景子にエールを贈ろうと、44[守]ドラミ助太刀教室の学衆仲間が汁講を企画した。稲垣は、2020年の春、44[守]を卒門、その後、進破、花伝所入伝と迷うことなく編集道を歩む。翌春、47[守]オブザぶとん教室で師範代デビューを果たすと、つづけて47[破]への連続登板を決めた。そんな稲垣のために、花伝所まで歩みを共にした教室仲間の谷田和子が声をかけたのだ。

 

汁講には、同じく教室仲間の長田陽子、そして、師範代の松永惠美子と師範の白川雅敏が集った。8人を卒門に導き、多数が進破を決めているという、稲垣師範代の47[守]の教室プロフィールを言祝ぎ、47[破]でのさらなる健闘を祈った。

 

クライマックスには、「助太刀新聞」の特別号外が贈られた。新聞社勤務の長田が、第77回感門之盟のタブロイド形式パンフレットに肖り、みずからがデスクとなり腕を振るった。稲垣師範代による圧倒的指南数を、オブザぶとん教室に因んだアイコン◆添えで伝える見出しが光る。長田デスクが出した「進破する師範代へ贈るエール本を」とのお題への回答、ドラミ選書は、号外を読まれたい。

 

 

松岡正剛校長から贈られた出世魚教室名は「オブザ・ベーション教室」。桜の花が咲くころ、稲垣は分節点の意味をめぐる旅から戻るだろう。稲垣師範代の帰還を祝う汁講での再会を約し、助太刀衆は土管の空き地を後にした。


  • 白川雅敏

    編集的先達:柴田元幸。イシス砂漠を~はぁるばぁると白川らくだがゆきました~ 家族から「あなたはらくだよ」と言われ、自身を「らくだ」に戯画化し、渾名が定着。編集ロードをキャメル、ダンドリ番長。

  • 【このエディションフェアがすごい!37】知遊堂上越国府店(新潟県上越市)

    「このエディションフェアがすごい!」シリーズ、第37弾は新潟県の知遊堂上越国府店です。フェア開催は8月31日まで。   ◇◇◇   親鸞が念仏弾圧のため流された先で身を寄せた草庵跡地に建てられた本願 […]

  • 寄り道どのみち俺の花みち【感門75】

    「秘すれば花なり」。   「花」は秘めてこそ価値がある。世阿弥が著した『風姿花伝』(別名『花伝書』)の一節である。イシス編集学校の編集道の“代”、師範代を養成する花伝所は、この『風姿花伝』に肖っている。 &nb […]

  • そして、5月4日はソクシュウ記念日となった。

    5月4日(月)は「みどりの日」ではない。   イシス編集学校にとっては、全コース通じて初となる「速修コース」が、45[守]で開講した記念日である。   通常17週のところを15週で学ぶ、この虎の穴コー […]

  • 2020ETS編集聖火ポスト08 蜃気楼に浮かぶ新しい富山(富山)

    「きときと禁止!」。エディットツアーを開催するにあたって、ナビを務める藤田小百合は密かにこう誓った。  富山きときと空港、きときと寿司、きときと市場など、新鮮や精力的なことを意味するこの方言は、富山を語る際のキーワード […]

  • 44守に紛れ込んだ失意のダーティーハリー

    「やっぱり教祖化するのか」。そうつぶやいたのは、44[守]菫色アビシニアン教室の大泉健太郎さんだ。疑念を消せぬままではあったが、好奇心を抑えきれず、“師”が創設した学校の門を叩いた。そこで彼を待っていたのは・・・ &n […]