京娘三人羽織は、はんなりしたはった?

08/23(日)20:58
img
 えらいはんなりしたはりますなぁ。
 床の間をバックに浴衣姿の師範・福田容子はいつもよりかなりはんなり(通常比2.5倍)で、ナビをつとめた。その福田をサポートするのは梅澤奈央、阿曽祐子の両師範代。大阪天満育ちで京都在住20年の福田、京都在住10年の阿曽、大阪在住10年の梅澤と京女もどき三人娘。
 
 
 地の京都人ぽさが出ない分と、しつらえには目一杯張り切った。会場は明治の元勲・山縣有朋ゆかりの無鄰菴。東山を臨む日本庭園の中の茶室である。浴衣の福田が庭園から案内をし、茶室に入りツアーが始まった。
 
 

 この日のために用意したワークは名づけて「気長にはんなり編集稽古」。いらちでせっかちな福田にしてはかなりの譲歩である。ところが始めてみると、やはり破師範、離別番緑を何期もつとめた福田である。緑色のもの、夏らしいもの、他の家にはないものを次々ともって来させる。

 参加者がモニター越しにもってきたものを紹介しよう。
●緑色のもの
ゴキジェット、ハイター、ネイル、カーディガン、ジュンク堂のボールペン、多肉植物、梨とメロンの緩衝材、ブランケット、本の結び、阿蘇山噴火のティッシュ箱

 
●夏らしいもの
風鈴、素麺、カルピス、レモン酢、ヒマワリのネイル、帽子、ハートランドビール、梅ジュース、ハッカ油
 
●他の家にはないもの
ネイル練習用の手、仏像とバレエシューズ、眠たそうな熊の人形、エイリアンラーメン、カバキーニョというブラジルの楽器、
 
 参加者の回答に対して、梅澤、阿曽が軽妙にチャットで茶々、いやコメントを入れる。ゴキジェットには台所の「スナイパー」、カーディガンには「恥ずかしくて着られないほど緑」とツッコミ、「注意のカーソル、目線の向け方が秀逸ですねえ」「食べ物というフィルターで出しましたね」と方法の言葉を差し出す。余談ではあるが、参加者の回答で、阿蘇山噴火のティッシュ箱、熊本天草のバラモン凧という、京都らしさを全く無視した回答を投げ込んできた闖入者はオブザーブの植田フサ子師範である。(熊本愛溢れるエディットツアー熊本は9月5日開催予定)
 
 福田が、京都人らしさとして取り出したのが、スケールの大きな気の長さである。例えば、以下のような記事がある。
 
産経新聞:
 
京都新聞:
 
 なんせ気の長さが100年単位なので世代をどれだけまたいだら気ぃすむんかいという話だ。参加者が持ち出したものからさらに古っぽいもの、さらに古っぽいものへと不等式編集術のワークで座をしめると、笑顔の福田が「またきておくれやす」と一人また一人と退出する参加者を見送った。
 
 
 京都人らしさには「気の長さ」の他にも「遠回し」や「いけず」などがある。新たな京都編集術が、次回の京都エディットツアーではきっと開陳されるだろう。あと半年、気を長うしてお待ちいただきたい。


  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 【イシス祭レポ@大分】いいちこ!ヤバケイ7景、万事オーケイ

    前代未聞の7人のナビゲーター。   会場が大分の耶馬渓だけに、これはヤバ系? 時間も大幅にオーバーするのではと関係者がやきもきするなか、大分エディットツアー「いいちこ!大分編集祭り」が開催された。   […]

  • 【イシス祭@島根】地味で「ないもの」ばかりの編集ですが

    「地味」の「地」には本来備わっている性質の意味があり、「味」は趣きの意味がある。  島根は地味だ地味だと言われるが、それは日本の本来があると言い換えられるのかもしれない。島根エディットツアーオンラインでは、島根出身の景 […]

  • 天下をとるでよ? 名古屋の編集名コンビ、やつしツアーだぎゃあ

    ナ・ゴ・ヤはええよ コジマがおるがねー  ナ・ゴ・ヤはええよ クノがうまいがねー やっとかめ!   オンラインエディットツアー真っ盛りの夏。名古屋の奴らが魅せてくれた。 松岡正剛御用達コーヒーショップ、名古屋・バンキコ […]

  • 20周年の夏 オンラインエディットツアーで全国制覇へ!

    夏、祭りが始まる。  コロナウィルスの感染拡大で、Go Toも東京は除外、三密はご法度、各地の祭りは全て中止。    しかし、この状況の下、イシス編集学校の20周年の夏祭りは、オンラインで回数も日程も大幅に増やし、地域 […]

  • 多読ほんほん2007 林頭◎吉村堅樹

    サブプライム問題、食品偽装、地球温暖化。 i-Phone、電子マネー、初音ミク。   今に続く問題の表面化と今も使われるインフラの初登場。2007年は同じような解決不能な問題と加速的な技術進化の中でも、とりわけ […]