【イシス祭レポ@大阪】ツッコミ実践WS〜もし、目の前の人が突然のけぞったら〜

08/11(火)19:28
img

オンラインセミナー真っ最中、ナビゲーターが突然消えた。
つぎの瞬間、女は床の間でヨガポーズを決めていた。
編集はそこから動き出す。

 

編集学校のオープンキャンパスとして、誰もが編集稽古を体験できるエディットツアー。2020年夏は、全国22ヶ所で開催されている。

オンライン化されても、各会場からは土地々々の匂いがむわりと立ちのぼる。

 

 

▼大阪話術「ツッコミ」に迫る

7月28日、地方開催の露払いを買ってでた大阪会場にもそれは満ちていた。大阪の県民性、それは過剰なサービス精神である。

 

大阪といえば、笑いやろ! 
ナビゲーターの山根尚子(45[守]師範)は、暗黙の期待を全身で引き受け、漲る笑顔でレクチャーを始めた。テーマは「ツッコミ」である。

 

◎ツッコミ

漫才などでボケに対して指摘や合いの手を挟むこと。または、その役割の人、その行為の内容。笑いどころが何処であるか明確にしつつ話を進行する役割を持つ。(実用日本語表現辞典)

 

 

 

山根が教科書に持ち込んだのは、フットボールアワー後藤輝基のツッコミ集。山根は、後藤が「見立てツッコミの名人」であると語る。

 

うろたえている人に対しての「目泳いでるどころじゃないですよ、遠泳ですよ」は、慣用句のパロディア。乙女な相方・岩尾への「心の三つ編みだしてきよるんですよ」は、女性らしさのメタファー化。

山根は芸人の編集力に本気で感心しながら、「ツッコミは見立てだ」と大阪の話術を解説する。

 

 

▼私のカラダがお題です

その直後のことだった。
「いまから私がボケます。ツッコんでください」と言い残し、山根は画面から消えた。ゆっくりカメラがスライドすると、山根は床の間を背に片足で立っていた。すっと両手を天へ伸ばし、遠くを見つめる。

 

その絵面に、3名の子どもを含む8名の参加者は思わずツッコむ。


「掛け軸か!」

「よう揺れる風鈴やなあ」

「飛行機にみえる」
「あ、スペースシャトルや」

「山根は月まで行ったのであった……」

 

ツッコミが新たなツッコミを呼び、一座の勢いは大気圏を突き抜けた。

 

 

▼過剰さの秘密は「OSAKAN一種合成」

このコテコテのノリ。まさにこれが大阪特有の方法なのであった。
お好み焼きにごはんを添え、神輿を船に乗せ、ヒョウ柄にヒョウ柄を重ねる大阪人。同じジャンルのものを組み合わせ、胸焼けするほどの過剰さを生み出す編集様式を、山根は「OSAKAN一種合成」と名付け、この日はじめて発表した。アメリカンでもメキシカンでもなく、オーサカン。

山根は、筋肉がぷるぷるになるまで身体を張って、大阪国独自の編集術を証明してみせたのであった。

 

 

今後も、名古屋、横浜、京都、福島、大分…と全国各地でオンライン・エディットツアーは開催される。旅行以上にディープな学びの90分。千円札1枚握りしめ、お好きな土地にワープせよ。

▽詳細はこちらから https://es.isis.ne.jp/media/festa

 

 

あなたなら、何とツッコむ?

 

 

 

▼後日談
「このまえ気づいてんけど」と、大阪・天満出身の福田容子(師範)は切り出した。
「お好み焼きって、ほぼキャベツやん? てことは、お好み焼きってサラダやん? お好み焼き定食ってサラダ定食ちゃうか」
根底を揺るがすツッコミ。OSAKAN一種合成の研究はまだまだ続く。


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。