2020ETS編集聖火ポスト01「青年よ、高志を抱け! 渡辺師範のEツアースペシャル」(世田谷)

03/09(月)14:05
img
 「少年よ、大志を抱け!」 これは誰もが知るクラーク博士の言葉である。連休最後の月曜日、豪徳寺本楼に登壇したのは[破]の師範を三期に渡ってつとめる渡辺高志師範。現役の[破]師範とあって、その名前の通り「高い志」を掲げたエディットツアーになった。スローガンは「青年よ、高志を抱け!」である。
 
 
 その「志」を知ってか知らずか本楼に集った参加者は24名。今季最大の参加者に高志の「志」はさらに高さを増していく。冒頭の自己紹介では、うだつの上がらない浪人が妻に逃げられてしまうという物語を共有し、浪人、番頭、人夫、居酒屋、長老、妻といった登場人物のなかから「許せない人」を一人選んで紹介し合う。さらに3人1グループになって、その自己紹介からその人「らしさ」を取り出して、相手に本楼の本から一冊を選び、相手にプレゼントした。
 
 さて、この「許せない人」、果たして本当に許せないのだろうか。私たちは自分の偏見や思い込みから相手とのコミュニケーションを不自由にしてはいないだろうか。高志の「志」はここにあり!さっと編集術を差し出す。
 編集術には「地と図」という考え方がある。一つの情報も見方、情報の「地」を変えれば「図」となる情報の捉え方が変わってくる。たとえば、コップはお店という「地」にあれば商品、工場であれば製品、ゴミ収集場であれば燃えないゴミ、キッチンであれば家の食器になる。コミュニケーションでも会社を良くしたいと上司と部下が思っていたとしても、売り上げを上げて良くしたいのか、育休を取りやすくして働きやすく良くしたいのかでは、良くしたい「地」が違うのである。
 
首を負傷してもコルセットをつけて熱弁を振るう林頭・吉村
 
 最後のワークは、自己紹介で選んだ「許せない人」を、お互いに交換した本の情報を使って、とても魅力的な愛すべき人物にすべく「地」を動かしてしまおうというもの。高志の「志」に気持ちよくハマった参加者たち。ワークの後は、それぞれの「許せない人」に愛着まで感じるようになり、コミュニケーションの編集を会得していた。24人の青年たちは、高志に学び、高志を抱いて、本楼を後に。次に再開するのは4月から開講する[守]講座になるだろう。そして、その先の[破]では、師範として高志が待っている。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 20周年の夏 オンラインエディットツアーで全国制覇へ!

    夏、祭りが始まる。  コロナウィルスの感染拡大で、Go Toも東京は除外、三密はご法度、各地の祭りは全て中止。    しかし、この状況の下、イシス編集学校の20周年の夏祭りは、オンラインで回数も日程も大幅に増やし、地域 […]

  • 多読ほんほん2007 林頭◎吉村堅樹

    サブプライム問題、食品偽装、地球温暖化。 i-Phone、電子マネー、初音ミク。   今に続く問題の表面化と今も使われるインフラの初登場。2007年は同じような解決不能な問題と加速的な技術進化の中でも、とりわけ […]

  • 20周年は「世阿弥」で決まり!新・輪読座開講

    「言葉の編集があって、声や音曲の編集があって、身体が編集される」。  世阿弥にとっては、どんな語句も連想をつむぎ出しやすいように言語を編集することが重要であった。    今回のイシス20周年記念輪読座は、満を […]

  • 【感門ミステリー02】NOZUMIとHOZUMI 中継師範代は現れたか?

    イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。い […]

  • 【感門ミステリー01】あなたは誰? 新師範代「天野陽子応援団」の謎

    イシス初となった「ハイブリッド感門」。エディットカフェでは「イーてれ」として、副音声ならぬ副テキストライブが繰り広げられ、本楼と学林堂と校長書斎をカメラでつなぐ三元配信、そしてオンライン登壇はzoomでつないで中継。い […]