2020ETS編集聖火ポスト01「青年よ、高志を抱け! 渡辺師範のEツアースペシャル」(世田谷)

2020/03/09(月)14:05
img
 「少年よ、大志を抱け!」 これは誰もが知るクラーク博士の言葉である。連休最後の月曜日、豪徳寺本楼に登壇したのは[破]の師範を三期に渡ってつとめる渡辺高志師範。現役の[破]師範とあって、その名前の通り「高い志」を掲げたエディットツアーになった。スローガンは「青年よ、高志を抱け!」である。
 
 
 その「志」を知ってか知らずか本楼に集った参加者は24名。今季最大の参加者に高志の「志」はさらに高さを増していく。冒頭の自己紹介では、うだつの上がらない浪人が妻に逃げられてしまうという物語を共有し、浪人、番頭、人夫、居酒屋、長老、妻といった登場人物のなかから「許せない人」を一人選んで紹介し合う。さらに3人1グループになって、その自己紹介からその人「らしさ」を取り出して、相手に本楼の本から一冊を選び、相手にプレゼントした。
 
 さて、この「許せない人」、果たして本当に許せないのだろうか。私たちは自分の偏見や思い込みから相手とのコミュニケーションを不自由にしてはいないだろうか。高志の「志」はここにあり!さっと編集術を差し出す。
 編集術には「地と図」という考え方がある。一つの情報も見方、情報の「地」を変えれば「図」となる情報の捉え方が変わってくる。たとえば、コップはお店という「地」にあれば商品、工場であれば製品、ゴミ収集場であれば燃えないゴミ、キッチンであれば家の食器になる。コミュニケーションでも会社を良くしたいと上司と部下が思っていたとしても、売り上げを上げて良くしたいのか、育休を取りやすくして働きやすく良くしたいのかでは、良くしたい「地」が違うのである。
 
首を負傷してもコルセットをつけて熱弁を振るう林頭・吉村
 
 最後のワークは、自己紹介で選んだ「許せない人」を、お互いに交換した本の情報を使って、とても魅力的な愛すべき人物にすべく「地」を動かしてしまおうというもの。高志の「志」に気持ちよくハマった参加者たち。ワークの後は、それぞれの「許せない人」に愛着まで感じるようになり、コミュニケーションの編集を会得していた。24人の青年たちは、高志に学び、高志を抱いて、本楼を後に。次に再開するのは4月から開講する[守]講座になるだろう。そして、その先の[破]では、師範として高志が待っている。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • ISIS 20th Anniversary師範代リレー[第24期 渡會眞澄 境界を見つめるラディカル・ウィル]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。 ◇◇◇ ウィキリークスの機密文書暴露、北朝 […]

  • ロココからキュビスムへ

    【オツ千vol.2】ロココライフにキュビスムスタイル

    「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走するショート・ラジオ […]

  • 資本主義問題

    一足早い「金」メダル?『資本主義問題』発刊!

    時計と株価と価格の海に今まさに降り立たんとする千夜千冊エディション。  全国で二十冊到達記念の千夜千冊エディションフェアが展開中であるが、その渦中に発刊したばかりの21冊目『資本主義問題』である。背景はダンボールに新聞 […]

  • 【オツ千vol.1】俺たちみんなでグノーシスる

    いきなり始まった「おっかけ!千夜千冊ファンクラブ」。ちぢめて「オツ千」。千夜坊主こと林頭の吉村と千冊小僧ことデザイナーの穂積、「松岡正剛の千夜千冊」ファンを自認する二人が、千夜のおっかけよろしく脱線、雑談、混乱の伴走す […]

  • 池袋にホンゴジラ現る! 書店でトライアスロンとはこれいかに?

    大音美弥子冊匠、またの名をホンゴジラ、またの名を嵐を呼ぶ女。嵐といっても天気は快晴。しかし、フロアまたぎの書店トライアスロンに、帰宅ラッシュの山手線ストップと、大音まわりは暴風状態の一日となった。  緊急事態宣言下最終 […]