2020ETS編集聖火ポスト01「青年よ、高志を抱け! 渡辺師範のEツアースペシャル」(世田谷)

2020/03/09(月)14:05
img
 「少年よ、大志を抱け!」 これは誰もが知るクラーク博士の言葉である。連休最後の月曜日、豪徳寺本楼に登壇したのは[破]の師範を三期に渡ってつとめる渡辺高志師範。現役の[破]師範とあって、その名前の通り「高い志」を掲げたエディットツアーになった。スローガンは「青年よ、高志を抱け!」である。
 
 
 その「志」を知ってか知らずか本楼に集った参加者は24名。今季最大の参加者に高志の「志」はさらに高さを増していく。冒頭の自己紹介では、うだつの上がらない浪人が妻に逃げられてしまうという物語を共有し、浪人、番頭、人夫、居酒屋、長老、妻といった登場人物のなかから「許せない人」を一人選んで紹介し合う。さらに3人1グループになって、その自己紹介からその人「らしさ」を取り出して、相手に本楼の本から一冊を選び、相手にプレゼントした。
 
 さて、この「許せない人」、果たして本当に許せないのだろうか。私たちは自分の偏見や思い込みから相手とのコミュニケーションを不自由にしてはいないだろうか。高志の「志」はここにあり!さっと編集術を差し出す。
 編集術には「地と図」という考え方がある。一つの情報も見方、情報の「地」を変えれば「図」となる情報の捉え方が変わってくる。たとえば、コップはお店という「地」にあれば商品、工場であれば製品、ゴミ収集場であれば燃えないゴミ、キッチンであれば家の食器になる。コミュニケーションでも会社を良くしたいと上司と部下が思っていたとしても、売り上げを上げて良くしたいのか、育休を取りやすくして働きやすく良くしたいのかでは、良くしたい「地」が違うのである。
 
首を負傷してもコルセットをつけて熱弁を振るう林頭・吉村
 
 最後のワークは、自己紹介で選んだ「許せない人」を、お互いに交換した本の情報を使って、とても魅力的な愛すべき人物にすべく「地」を動かしてしまおうというもの。高志の「志」に気持ちよくハマった参加者たち。ワークの後は、それぞれの「許せない人」に愛着まで感じるようになり、コミュニケーションの編集を会得していた。24人の青年たちは、高志に学び、高志を抱いて、本楼を後に。次に再開するのは4月から開講する[守]講座になるだろう。そして、その先の[破]では、師範として高志が待っている。
 

  • 吉村堅樹

    僧侶で神父。塾講師でスナックホスト。ガードマンで映画助監督。介護ヘルパーでゲームデバッガー。節操ない転職の果て辿り着いた編集学校。揺らぐことないイシス愛が買われて、2012年から林頭に。

  • 輪読座、4月25日から「柳田国男を読む」開座間近!

    世阿弥、白川静に続く今期の輪読座、4月26日より開座する日本哲学シリーズは「柳田国男を読む」に決まった。古事記・日本書紀、万葉集にはじまり、聖徳太子、空海、閑吟集、三浦梅園、西田幾太郎、折口信夫、井筒俊彦、南方熊楠など […]

  • 加速する思考を体感すべし![守]速修コース申込み開始

    短くなったら薄まるか。いやいや濃縮、凝縮、超加速する。  イシス編集学校[守]では、38のお題と編集稽古を通して、思考が加速していく。その加速がさらに加速する速修コースが30名限定で5月末よりスタートする。その実感は守 […]

  • サブカルズを読むサブカルズ、本楼に集う

    カバーは大竹伸朗「ジャパニーズコミックス」、字紋は「萌」。表紙をめくった扉写真にはフィギュアケースの中でエディションの上にセイゴオくん人形が屹立する。  年度替わりの4月1日夜、千夜千冊エディション『サブカルズ』学習会 […]

  • できたてホヤホヤ『情報の歴史21』が校長の手に!

    ほんとにできるの? いつになったらできるの? 年末って言ってなかったっけ? できないんじゃないの? たくさんの叱咤激励の声に支えられながら、『情報の歴史21』が完成、いやとうとう刷り上がった。  編集長の吉村、制作の田 […]

  • 特報!感門番組表 見所はここだ!

    ようこそ感門、キョウドクッック♪ 昨夏の20周年感門2DAYSの記憶も新しいが、感門2DAYSが帰ってきた。タイトルは「INFORM共読区」である。「共読区(キョウドック)」は2011年3月11日の大震災のあと、一ヶ月 […]