2020ETS編集聖火ポスト05 フェチなミニ本楼で妄想書店開店(大阪)

2020/03/10(火)21:06
img

 壁際のテーブルには 160冊の本が所狭しと並べられている。この日ナビを務める山根尚子と7人のテーブルコーチがそれぞれ20冊ずつ持ち寄ったテーブルコーチ文庫だ。『空海の夢』『雑品屋セイゴオ』松岡校長の本がある。『ないものあります』『手をめぐる四百字』『うれしい悲鳴をあげてくれ』思わずめくりたくなる本。『江戸の化物』『ヤクザと憲法』『地球と一緒に頭も冷やせ!』ゾクゾクっとする本。コーチ陣の数寄とフェチが詰まった選本だ。コーチの阿曽祐子が「本に囲まれると本楼みたい」とぽつり。まさしくここはミニ本楼なのだ。

 

 

 

 ミニ本楼が現れたのは大阪と京都の中間に位置する大阪府高槻市。JR高槻駅前にある市民交流センター「クロスパル高槻」が会場となった。ワークのテーマは「新感覚!読書ワーク~本を使って、発想力アップ」。本を読むだけでなく、表紙、装丁、目次、触感など本のすべてを使い倒して編集力を鍛えることが目的だ。

 

 18人の参加者は、まず「フェチで自己紹介」で軽くウォーミングアップ。本とともに「フェチ」もこの日の隠しキーワードになっている。

 

 いよいよ本を使ったワークがスタート。自分のフェチに合うと感じたテーブルコーチ文庫から1人3冊を選ぶ。そのうちの1冊を自分に重ねて自己紹介する「ほんとのわたし」。ペアを組んだ相手に合うと思う本を贈り合う「ほんとうのあなた?」。贈られた方は表紙や目次、ページをめくり、どんな自分らしさを感じたかを話す。意外と見立てが当たっていたり、大きく外れていたり、笑い声が起こる。山根のニコニコ笑顔の仕切りで、ミニ本楼はすっかり和やかムード。お菓子の差し入れですっかり打ち解け会話も弾んでいる。

 

 

 テーブルコーチによる「編集思考素」の説明の後は、いよいよメインワークの「妄想書店」。贈り合った本に私物の1品を1つプラスして新しい本を企画、表紙・目次・帯を仕立てようというものだ。テーブルコーチのアドバイスにも熱が入る。プラス1の私物を次々入れ替えて試すペア。連想を口に出してアイデアを広げるペア。早々にタイトルを決めイラスト入りの表紙を描き始めたペア。時間を延長しながら、ご覧の通りの18人9ペアの「妄想書店」新刊が出来上がった。

 

 尾瀬嘉美さん&前田淳さん『手の中でできる冒険』

 山口美咲さん&梶正人さん『触・食・SHOCK』

 荒木裕大さん&清水邦厚さん『みんなきょうだい?』

 福永法子さん&西野佐弥香さん『STORYで売れ』

 村山静香さん&古橋睦之さん『異世界万華鏡』

 舟岡沙耶さん&加藤一郎さん『森に学びよく生きる』

 中川みちえさん&堀江純一さん『300年後の未来』

 井澤満美さん&高潤香さん『すてきになる色めがね』

 末藤紀子さん&仲畑純子さん『江戸を歩く』

 

 

 

 予定を40分もオーバーするほど熱の入ったワーク。「型に乗せると言葉にしやすくなる」(仲畑さん)などの感想が寄せられた。最後に「編集とは」という山根の質問に清水さんが「編集とはゲノム」と即答。テーブルコーチを驚かす名答が、ミニ本楼の充実の1日を物語っていた。

 

大阪エディットツアー を担当した最強指導陣

 


  • 景山和浩

    編集的先達:井上ひさし。日刊スポーツ記者。用意と卒意、機をみた絶妙の助言、安定した活動は師範の師範として手本になっている。その柔和な性格から決して怒らない師範とも言われる。

  • もしも師範が野球チームをつくったら

    お題は突然降ってくる。「景山番匠、スポーツ新聞なんだから考えてくださいよ」。[守]学匠の鈴木康代がZoomの画面越しに迫る。日刊スポーツに務める[守]番匠の景山和浩が答える。「4番はやはりシーザーですかね」「まあねぇ。 […]

  • もう1冊の「紫の火花」【75感門 京都】

    笑顔の三谷は一瞬驚いた顔をし、同様に驚いた顔をしている46[守]番匠の景山和浩と目を合わせた。スクリーンビューでは 46[守]の先達文庫が発表されている。かりぐらジョジョ教室師範代の三谷和弘が受け取った本は岡潔『紫の火 […]

  • 「無鄰菴」よりオープニング架空中継【75感門 京都】

    はい、こちらは46[守]卒門式の京都会場。京都市にある「南禅寺無鄰菴(むりんあん)」です。狭い玄関を入ると、あけ放たれた部屋越しに広い庭園が広がっています。明治の政治家、山縣有朋の別荘として建てられたもので、日露開戦前 […]

  • 八雲立つ 出雲は歌う 春の夜に【ツアー@島根】

    「日本で47番目に有名な県」。   島根県HP「しまねのネタ集」にはこう書かれている。マイナーであることを県も公認しているのだ。たしかに人もお店も少ない島根である。昨年9月2日のエディットツアーでも、何もないを […]

  • 愛の逆ミメロギア 学衆の恩返し

    「門下生」という言葉に、師範の井ノ上シーザーが「てへへ」と答えた。    46[守]いいちこ水滸伝教室は、3カ月の速修コースだ。師範代の松永真由美だけでなく、井ノ上も指南を担当している。濃密で高速な稽古をとも […]