2020ETS編集聖火ポスト06 対話で創発するアジアン・未来カフェ(福岡)

03/11(水)09:31
img

 巨大な仏に見守られながら、講座はスタートした。2020年、2月23日のエディットツアースペシャル福岡。ナビゲーターは、仏もかくやの柔和な笑みを湛えた石井梨香師範だ。

 

 

 会場は福岡アジア美術館内のアートカフェだ。九州有数の歓楽街中洲と、川端商店街を見渡すビルの7階にある。冒頭の、仏様が微笑む壁いっぱいの絵画は、ミュージアムの展示品なのである。

 

 「様々なお客様がいらっしゃるので、メニューも多彩にしました。ちょうど百貨店のように」と、「アジ美店のらしさ」を紹介してくれたのは、アートカフェ店長の品川未貴師範代だ。

 

 そんな場所柄を反映してか、13名の参加者も多彩な顔触れである。年代、性別、職業、居住地もバラバラで長崎や東京からの参加者もあった。

 

 

 まずは自分の「らしさ」をお菓子に見立てて紹介する「お菓子なわたし」から、ワークがスタートする。職業などの属性ではなく、「見立て」によるユニークな自己紹介に、だんだんと場がほどけていく。この日はなぜか「あんこ」に自分を見立てる人が多かった。なんだろう。商店街名物・川端ぜんざい(激甘い)の念が飛んできたのだろうか。

 

 次はポストイット編集術。まずはこの半年間に買ったものを、ポストイットに書きだしていく。それを、「価格順」「気に入っている順」「100年後の福岡に残したいもの」と次々と軸を取り換えて、並べ替えていく。これは、なんといってもスピードがいのち。加速するドライブ感覚が、連想を引きずり出していく。

 

 「はーい、時間です。できましたか?」と石井が促す。柔和な顔して、決めるところはビシッと決める人だ。

 

 「うわー、お気に入りでは上位の物が全部下の方に来ちゃった」軸を換えるごとに、ダイナミックに変化する情報の姿に、驚きの声があがっていた。

 

 

 さて、この日のメインは、グループワークによるプランニング編集術である。プランニングするのは、「100年後のアジ美にあってほしいカフェ」

 さきほど書きだしたポストイットから要素を2つ選び、それに本を一冊加えて、三位一体の型を使ってプランニングしていく。参加者はグループに分かれ、カフェにある本を一冊選んで話し合いを始めた。

 

 「この本のどこを取ろうかな・・」

 「100年後って宗教とかあるかな・・・」

 「意外な物を組み合わせたほうが面白いんじゃ・・・」

 「アジアっぽさは意識する?・・」

 

 白熱する対話。見知らぬ者同士の相互編集のアイダで、未来のアジアン・カフェのプランがみるみる立ち上がっていく。時間内になんとか着地させて、さあ発表!

 

 各チームがプランニングしたカフェは以下のラインナップ

 

 ・チームA 「時がないカフェ」

  選択本『ゆっくり、いそげ カフェからはじめる人を手段化しない経済』

  景山知明 大和書房

 ・チームB 「タイムトラベルカフェ」

  選択本『よるのねこ』ダーロフ・イプカー/光吉夏弥訳 大日本図書

 ・チームC 「アイディアが集うカフェ」

  選択本『緑の抒情』安次嶺金正展

 ・チームD 「お守りカフェ」

  選択本『みち であい』アジア太平洋博覧会 テーマ館展示図録

 

 どこも、本の「らしさ」をしっかり取り出して、プランに組み込んでいる。日常超越的な内容が多いのは、現在の不足がバネになったのだろうか。

 

 

 チームCの発表者はこう説明してくれた。

 「アイディアが集うカフェは、オーガニックと集いがテーマです。ここでは原料から商品までそろいます。そして、たくさんのアイディアが集まってきます。そこは、知らない人同士が知り合えるロマンティックな場所です」

 

 聞きながら、そのドリームカフェは100年後と言わず、今ここで、すでに生起しつつあるもののように思えた。グループ内での対話に、参加者同士のアイダに、それはもう芽生えつつあるのではないか。

 

 グループワークを終えて、石井が『知の編集術』の冒頭を読み上げた。

 「編集は遊びから生まれる/編集は対話から生まれる/編集は不足から生まれる」

 参加者たちは、大きく頷いた。

 

 最後に、中野由紀昌組長が、九州支所「九天玄氣組」と千夜千冊エディションの紹介をする。そのなかで、こんなことを言った。

 「型があるから、発想が生まれる。型があるから、自由になれる。型の力です」

 さらに大きな納得の頷きが、返ってきた。

 

 

 ワークのあとは、希望者とスタッフで小さなお茶会。品川が焙煎したコーヒーで、フル回転した頭と身体をリフレッシュした。

 

 さあ、皆さま。

 再会はぜひ、エディットカフェ(編集学校ラウンジ)にてお待ちしています!

 

written by 三苫麻里

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • イシスDO-SAY 2020年10月

    イシス編集学校で予定されている活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。今月も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   去る9月20日・21日には、2日間にわたり、20周年の感門 […]

  • 10月のコラージュ

    Edist編集部の今月オススメ記事はこの1本!【2020年10月】

    毎月公開されるEdist記事は30本以上! Edist 編集部メンバーたちから、今月おさえておきたいオススメ記事をお届けします。今月は、編集部のスペシャル・ゲストとして、“DUST王”の呼び名をもつ 井ノ上Dustyシー […]

  • ISIS 20周年師範代リレー[第9期土井内英子 2期連続で走り抜ける]

    2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月1日に20周年を迎えた。現在開講中の第45期の師範代まで、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]