2020ETS編集聖火ポスト07 編集エンジンは、「伝えたい」キモチ!(仙台)

03/11(水)14:19
img

 「すごい!みなさん最後までやりきりましたね!」

 インターアクターを務めた菅野祥子は、ワーク最後のプレゼンを聞き、参加者に潜んでいた編集力を感じ取った。

 

 杜の都仙台のマチナカ、イチョウ並木の広瀬通に面した仙台市市民活動サポートセンター(通称サポセン)の一室でエディットツアースペシャル仙台は開催された。

 

 

広瀬通は仙台市都心部を走る幹線道路のひとつ。ケヤキ並木で有名な定禅寺通と青葉通の間に位置している。サポセンは仙台のまちづくりや市民活動の拠点施設で、多くの人が利用する。

 

 この日のメインワークは、「東北(仙台)の伝えたいモノ・コトを、伝える」というもの。

 「自分の伝えたいことって?」

 「どうすれば伝わるんだろう?」

 ワークを進める中でいくつかの編集の型を使いながら、情報を収集し関係づけ、構造化して演出する。

 

 

 「康代さん、連想すると何が良いんですかね?」

 「それはですね、やっぱり…」

 森由佳(未知奥連弦主)と鈴木康代([守]学匠/未知奥連連長)の絶妙な掛け合いは、まるで受験生にとっての深夜ラジオ。参加者たちを導き励ます。

 

 ワークのゴールはSNSを想定した140字の短文を発表した。政宗がメタルになったり、ホヤに恋したり、広い空間に可能性を感じたり、掘り起こす共通性を見つけたり、東北のキャンペーンガールになったり…。引き込まれ、大いに頷き、改めて東北に惚れるプレゼンが出来上がった。

 

 最後に鈴木連長が今日の振り返りと編集稽古について語る。

 「ワークでもやった“地と図”。これがわかるとコミュニケーションの仕方がまったく変わります」というくだりに、参加者たちは赤べこのように首を縦に振っていた。

 

written by 菅野祥子

 

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部六人組の顔ぶれ。

  • エディストショップ#1:64技法風呂敷【20周年感門之盟】

    ノートに鉛筆、龍角散にドライバー、年表に星座盤…。 どれも『雑品屋セイゴオ』(春秋社)で登場する、校長のフェチな品々だ。     知的フェチをくすぐる品々をお届けするエディットショップが遂にオープン! […]

  • 46[守]教室名発表 ~ドラム&ギターに言祝がれ~

    第74回感門之盟、2日目の中盤にさしかかるころ、第46期[守]の師範代と教室名が発表された。   本楼スタジオでは、美濃越香織 錬成師範、嶋本昌子 錬成師範が進行役をつとめた。おなじみ浅羽登志也 師範のドラム演 […]

  • 「ガンダム」に「おまかせ」!? 出世魚した45[破]の9教室

    ブリ、スズキ、ボラは、成長とともにその名前が変わる「出世魚」だ。江戸時代には、元服や出世の際に名前を変えたことに似ているため、縁起ものとして出世魚は喜ばれたようだ。   イシス編集学校の教室名も“出世魚する”。 […]

  • 44[破] 先達文庫 第74回感門之盟

    20周年記念「Edit Japan2020」第74回感門之盟、午後の部は、44[破]突破式からはじまった。原田淳子[破]学匠が、44[破]を振り返りながら、お祝いのメッセージを贈る。   「今期は、コロナウィル […]

  • 第18座 風韻講座 アワード3賞は誰の手に?!

    第74回感門之盟の2日目。午前の部では、風韻講座 第18座 夕星座の韻去式が行われた。   風韻講座とは、編集の型を使いながら、日本語の提携を学ぶ・遊ぶ講座である。申し込み開始から、ほぼ一晩、おそくても二晩で埋 […]