2020ETS編集聖火ポスト12 島×デザイン×編集力で学校をつくる(石垣島)

2020/03/13(金)17:00
img

 乾いた風とまぶしい太陽が照る冬の石垣島、心地よい季節でも28℃。海の玄関「離島ターミナル」から徒歩5分の距離にあるアートホテル石垣島にて『島とデザイン』をテーマにETSが開催された。

 

 

 最上階のスカイラウンジ@カプリコン、ここは島内随一の高さを誇る抜群の180℃シティビュー。ここに高校生から学校教員、旅行者からジュエリーデザイナー、離学衆からサーファーまで2日間にわたり総勢21名の様々な顔ぶれの参加者が集い、師範代2名とサポーターとともに、和やかで濃密な編集時間を共有した。

 

 なんといっても告知手段は「口コミ」。編集学校を知らない現地メンバーに集客を託す形での開催で、教育機会の提供と発見的な場づくりにチャレンジする編集による「地」おこし第一回は、主催側の心配をよそに、狙いに沿った面々と沖縄文脈では語れない、八重山らしさを知る大変貴重な時間となった。

 

 しつらいは「石垣島ゆがふ国際映画祭」の特大バナーに、世界で活躍中のテキスタイルデザイナー・鈴木マサルさんによる詩的キービジュアル。

 アートホテル石垣島ホテルライブラリー所蔵の50冊に加え松岡校長関連本と、アジアや岡本太郎や漫画たちもがカウンターに縦に横にとギャラリー風に並べられ、セレクトショップのような空間演出を試みた。

 

 本年11月開催予定の「国際映画祭」、「ホテル」トポスは今回インターアクターを務めた平野の主戦場、ここに持ち込んだのは「編集」を軸にした言わば『文化創造プラットホーム』の醸成で、ヒト・モノ・コトを揃えるための場づくりでもあった。この夏、完成を迎えるフサキビーチリゾートホテル&ヴィラズの開発秘話も織り交ぜながら、新規レストランの琉球チャイニーズ店舗、シーレーンをコンセプトに活かした話や「モンスーンアジア」の海路地図をメニュー構成に織り交ぜた「編集」の視点も共有しながら編集ワークショップを行う。

 

 地を動かすための実施ワークは4つ。ウォーミングアップで五感を駆使して挑む参加者たちの姿は「大人の学校」を感じさせ、高校生には大いなる刺激となった。

 

 まずは「見立て」を使った自己紹介。続いて自分と本を重ね合わせて、アイダを「らしさ」でつないでいく。後半は「ないものフィルター」と「地と図」を駆使して、いつもと異なる視点で島を俯瞰し、参加者同士の対話も会話も温まった終盤で「2冊+1」で「新しい学校」を構想する。「多肉植物の学校」「愛され方を学ぶ学校」「一年中花がある場所はドライフラワーと生花で涸れを考える学校」といった美術館ともリトリートともいえそうな様々な顔をした学校が提案された。

 

 

 「編集」という見方を持ち込んだことによって「考え」や「感性」が可視化されたというコメントも多数寄せられ、2日間のETSは熱風を抱き込みながら終幕した。

 

 

written by 平野しのぶ

 


  • エディスト編集部

    編集的先達:松岡正剛
    「あいだのコミュニケーター」松原朋子、「進化するMr.オネスティ」上杉公志、「職人肌のレモンガール」梅澤奈央、「レディ・フォト&スーパーマネジャー」後藤由加里、「国語するイシスの至宝」川野貴志、「天性のメディアスター」金宗代副編集長、「諧謔と変節の必殺仕掛人」吉村堅樹編集長。エディスト編集部七人組の顔ぶれ。

  • daidai

    イシスDO-SAY 2023年2月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年が始まりました。イシス編集学校は年始1月から編集行事が盛りだくさんでしたね。   […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破10】窓からミュージアムが見える?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【エアサックス加藤の三度目の突破09】ダース・カトウの再生はなったのか?

      スニーカーならエアマックス。NBAはエアジョーダン。ダイノジはエアギター。そしてイシスにはエアサックスと呼ばれる男がいる。 感門之盟で音楽を学ぶ卒門学衆としてフィーチャーされたものの、サックスの演奏が未熟だ […]

  • 【限定公開】6万冊の本の空間を堪能できるのは年始の今だけ!「本楼ツアー」1/28開催

    イシス編集学校には、「本楼(ホンロウ)」という秘密の空間がある。ここには、本棚になっていない壁はない。つまり、天井以外の全てが本に埋め尽くされた空間なのだ。柱の四面までもが書架になっている。本に翻弄されたいという、イシス […]

  • 1月の季語、ざぼん

    イシスDO-SAY 2023年1月

    松岡正剛が校長をつとめるイシス編集学校で予定されている毎月の活動をご案内する短信「イシスDO-SAY(ドウ-セイ)」。2023年も皆さんとともに、アレコレDOしてSAYしていきます。   では2023年初、1月 […]