多読ほんほんリレー05 ¶2004年¶ 冊師◎松井路代

07/07(火)09:59
img

2004年7月7日、千夜千冊第1000夜『良寛全集』がアップロードされました。これからどうなるのか。過去ログを読みながら待っていると、7月22日、千夜一尾として『エレガントな宇宙』がアップされました。末尾には「未確認な次夜に続く」とあり、驚かされました。

 

1001夜その2が7月30日、その3が8月6日、その4が8月27日に更新されます。長い尻尾だなと思いながらさらさら読んでいると、スクロールしていた手が止まりました。

 

「一時中断やむなきの弁」。えっ、胃がん? 入院されるの? 当時、私は入門前。まだ独身、京都暮らしで、MKタクシーという会社でMK新聞という小さなメディアの一人編集員をしていました。


観光トピックスを中心に取材し、記事にするにあたって枯山水、枕草子、方丈記、あれこれ検索しているとしょっちゅう「千夜千冊」というサイトがひっかかる。読み始めたのは850夜ぐらいだったと思いますが、2004年は914夜の司馬遼太郎に始まり、1000夜が近づくにつれて、ドストエフスキー、ユゴー、近松、道元、馬琴、ホメロスと大作が連打されていきました。

 

横にいつも出ていた「イシス編集学校」のバナー広告。編集の方法を誰かに教わりたいという思いも高まっていましたが、千夜のラインナップが凄すぎて、松岡さんがますます謎の人物になってきていました。周りには「東京で高額な商品を買わされたりするんじゃないか」と心配されたりしました。

 

千夜一時中断で、松岡さんが生身の人物だということを実感しました。入門しよう。けど学校がどうなるかわからない。まずは快復を待つことにしました。2004年12月26日、1001夜その5が更新されました。「よかった! 治らはったんや」。三か月後、京都で行われた講演に、取材と称して駆けつけました。ナマで見た校長は『知の編集工学』の表紙写真からずいぶん面変わりされていました。

 

松岡校長は、手術直後の「医療的人体」からチューブが一本ずつ抜かれ自前の身体に戻っていくプロセスを感じながら「自分の体は、人工なのか自然なのかと考えた」と語っています。(連塾第六講『詫び・数寄・余白 アートにひそむ負の創造力』)
 
千夜一尾が閉じ、松岡校長の全面治癒が伝えられた12月26日は、スマラ島沖でマグニチュード9.1の地震が起きた日でもあります。ここから連想した、2004年を語る一冊がこちらです。

 

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  『ツナミの小形而上学』
   ジャン‐ピエール・デュピュイ著、 嶋崎正樹訳
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

癌、地震、アウシュビッツ、ヒロシマ・ナガサキ、9・11。そして22万人もの死者を出したスマトラ大津波は、「自然的悪」な
のか「人間に潜む悪」なのか。

 

デュピュイは1755年のリスボン大地震がきっかけで起こったヨーロッパ思想界の転換をたどり、ルソーの「科学的知識の不十分さがリスボン大地震の災厄を増幅させた」という言葉が、近代につながる「リスクの思想」と「憎悪の思想」を作ったとみています。次第に「人間に潜む悪」が「自然的悪」を飲み込み、やがて悪意不在の大災厄=「システムの悪」だけが残るだろう。thoughtlessness(想像力の欠如)が破局への道を加速させるだろうと予測します。


本書の日本語版が出版されたのはフクシマのあと、2011年7月でした。校長は3・11後の番外編1439夜で取り上げ、「ましてや神なき日本では、メディアが大衆を味方につけたふりをして、正義と悪を仕分けしているに過ぎない」と書いています。「コロナ」という言葉の後に、無自覚に「禍」という言葉をつける2020年の今こそ再読したい。災厄、事故、損傷から新しい形而上学を掬いだす端緒にしていきたいと考えます。

 

入門したあと、【校長室方庵◎校長校話】で入院前後のやり取りを読みました。【ともかく以下のことを読んでください 2004年8月11日】【みんな、優しくも熱いメッセージをありがとう。アテネは編集学校にあったんですね。2004年8月18日】。

 

自然と人工とシステムのアイダ、隙間での、「説明を見出せない私たち自身のことを想って痛みを分かち合う」インタースコアそのものでした。大変長くなりました。では、2005年へ。スタジオふきよせの松尾亘冊師にバトンを渡します。


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。12歳の長男と独自のホームエデュケーション。6歳の娘、夫と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 多読ジム 茶々々な夏の振り返り

    編集かあさんのもうひとつの顔が多読ジムの冊師である。担当するのは「スタジオ茶々々」。シーズン03≪夏≫は、輪読座や感門之盟と重なったこともあり、とりわけ熱かった。  多読ジムでは、ブックツリーをつくる「ブッククエスト」 […]

  • 編集かあさん 名月と満月

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]

  • 編集かあさん家の感門之盟

    これまでの感門之盟は編集かあさんにとって「休日」だった。奈良から東京・豪徳寺まで、特急と新幹線を乗り継いでいくところ。「かあさん」を離れた「わたし」になる長い一日であり、詳しい内容も家族に話したことはなかった。 &nb […]

  • 子どもイシスにあふれたモノ、こぼれたコト【20周年感門之盟】

    「みなさん、おはようございます! ここからは子どもイシスの時間です。大人のみなさんも、お題にどうぞ挑戦してください」  感門之盟2日目朝のプログラム「子どもイシス」のナビを務めたのは「編集かあさん」連載中の松井路代[多読 […]

  • 【三冊筋プレス】プルーストを読み通す方法(松井路代)

      アンスリウム  花屋に行くと探してしまう花がある。それはアンスリウム。一見花びらに見える、艶やかで真っ赤なハート形の葉――正式には仏炎苞という――の切り込みの部分から、一本、黄色い尻尾のようなものが突き出し […]