多読ほんほん2013 冊師◎丸洋子

2020/09/05(土)10:33
img

 今夏開幕を予定していたオリンピックの東京開催決定に沸いたのが、2013年でした。客なる神を迎える「おもてなし」をキーワードに日本文化を語ったスピーチが話題となりましたが、この年、私は原田淳子師範代(当時)のカステラシアター教室で、心尽くしのおもてなしを受けながら、破のお稽古を楽しんでおりました。 

 

 2013年は、朝日の昇る【陽】の伊勢神宮と、夕日の沈む【陰】の出雲大社の遷宮とが重なった年でもありました。伝統や技術を受け継ぐリバース編集によって常若の思想を体現し、新しく蘇った社殿で神様をお迎えするおもてなし。この年のお彼岸も間近の3月15日、「今夜は1500夜とて、ぼくの勝手な人麻呂観をしばし古代観念にいったん回帰して遊びたい」と書かれた一夜が登場します。イメージをマネージする柿本人麻呂を招き、そのアブダクティブな、ハイパーイマジネーションによる編集力を大胆に掘り起こす一夜には、おおもととなる古事記が重ねられています。 

 

 

  千田稔著『古事記の宇宙――神と自然』(中公新書) 

 

 

 この本は、人麻呂の一夜を過ぎた彼岸明けに出版されました。ゴートクジでは、高橋バジラ先生の輪読座で『古事記』と『日本書記』のアワセ読みが始まっていました。千田稔は、本書で古代人の「イメージを念じる力の強さ」を説くとともに、いにしえの人々が、植物をはじめ自然界から霊性ともいえるメッセージを受け取っていたこと、そこに私たちの自然観の源流が潜んでいることを語っています。 

 古代の呪術的観念共鳴の異能ぶりを発揮した人麻呂。校長は1500夜で「トランスイマジネーション」とも「インターイマジネーション」とも言い替えて讃えていました。 

 

 人麻呂の前夜、ニック・レーン著『生命の跳躍』のなかで「松岡さんのそういう発想ってどこから出てくるんですか」と問われた校長は、「何冊かの本を読んでいるうちに出てくる」のだと答えています。ミトコンドリアの謎に迫るこの生物学の本を読みながら、ニクラス・ルーマンのダブル・コンティンジェンシーの本や、イアン・ハッキングの『偶然を飼いならす』や、リチャード・ローティの『偶然・アイロニー・連帯』などを同時に思い出しているのだと。 

 相転移の編集を生む記憶と想起のハイパー・トランス・インターなイマジネーションは、松丸本舗の生まれ変わりである多読ジムの「読む/書く」「見る/見えてくる」プロセスと共読のあいだで、日々豊かに培われているのでしょう。 

 

 

 続く2014年は、良寛さんと宮沢賢治のイメージを重ねる宮野悦夫冊師へ、バトンをお渡しいたします。 

 


  • 丸洋子

    編集的先達:ゲオルク・ジンメル。鳥たちの水浴びの音で目覚める。午後にはお庭で英国紅茶と手焼きのクッキー。その品の良さから、誰もが丸さんの子どもになりたいという憧れの存在。主婦のかたわら、翻訳も手がける。

  • 知祭りと華氏451度の炎と熾火【77感門】

    太田香保総匠ほど黒の似合う人はいない。 感門之盟の初日、井寸房に飾られた千夜千冊エディションの字紋を背景に、太田総匠は、全国で展開中のエディション20冊突破記念フェアの真意を静かに語り始める。そもそもこのブックフェアは、 […]

  • イーてれの影武者【77感門】

    リアルとオンラインのハイブリッドな感門之盟で、EditCafeから絶え間なく配信されていたイーてれ。「師範代の新たな面を知ることができた」「ゼッタイ見逃したくないプログラムの始まるタイミングが分かって嬉しい」「見逃したシ […]

  • イーてれのE【77感門】

    朝刊の番組欄を開くと、左端にNHK。その横に寄り添うように並んでいるEテレは、NHKの別院にも、離れのようにも見える。   9月4日と5日の両日に開催される第77回感門之盟で、イシス放送局に寄り添うのがイーてれ […]

  • 編集用語辞典 04 [アリスとテレス大賞]

    落ち葉に覆われた雑木林を抜けると、冬の青空の下に巨大な磐座と、躙り口のような小さなエントランスが見える。隈研吾のデザインした角川武蔵野ミュージアムは、東所沢駅から歩いて10分程のところにある。館長である松岡正剛校長が「 […]

  • 編集用語辞典 03 [先達文庫]

    明け方、朝顔の蕾が開く。極薄の花弁の深い青は、日の光を浴びて夕暮れの空のうつろいのように徐々に紫がかった色へと変化していく。京橋で古美術を商う高校時代の友人から初夏に届いた朝顔のたねは、白洲正子から川瀬敏郎を経て、坂村 […]