イドバタイムズ issue.8 プランニングフィールド2022春がやってくる

2022/03/30(水)13:56
img

編集学校の方法を子どもたちのために外へつなぐ。
「イドバタイムズ」は子どもフィールドからイシスの方法を発信するメディアです。

 

 2021年4月10日にイシス子どもフィールドがプレオープンして1年がたつ。
 七夕エディッツやお正月エディッツの会、オトナのための共読会、イドバタトークなど、イシスにひそんでいた動きが「会」として、ひとつ、またひとつと形になっていった。可能になったのは、子ども支局員やフィールドメンバーの[破]のプランニング編集術を共通の方法として持っているからだということが見えてきた。
 「子ども×編集」に、さらに深入りしていきたいと考えるイシス人が、もっと場づくりの方法を磨き、腕をふるえる新ラウンジ「プランニングフィールド」が開く運びとなった。「庭」につづき、いよいよ子ども編集学校の本体の構想と実践に向かう。

 

 プランニングフィールドでは、やりたいこと、目指したいところに応じて、3つのチームにわかれて、「よもがせわほり」メソッドの研鑽、実験場をしていく。

 チームには、それぞれ別のミッション、ワーク、ゴールが設定されている。

 ミッション、ワーク、ゴールは、BPTの言い替えでもある。
 3つのチームは有機的につながっていて、もちろんすべてのチームメンバーを兼ねることもできる。
 ワーク内容は最終的には参加者自身が組み立てに参画して、決めていく。


 イシスでは初の試みとなるプランニング開放区。
 イシス編集学校内のイベントだけでなく、それぞれが地域で開いている塾や学童保育の現場でのプラン実践につながることが狙いだ。
 破のプランニング編集術に心を残している方、リアルな場でデコボコ編集ロードを歩み続けたい方、プランニングフィールドが鍵と鍵穴になるかもしれない。飛び込んでほしい。


★プランニングフィールド2022春★


◆ラウンジオープン期間:2022年4月~9月

 統一テーマ:ゲーム

 概要図: 
 https://eel-jp.box.com/s/qnd1369nhhvllo0nmqvdyedlfbn9n6it

◆3つのチーム

■ナビゲーターチーム

ミッション
・子ども向けのよみかき編集ワークや四季折々のエディッツの会の企画に関わり、ファシリテーターやテーブルコーチのスキルを身につけます。
・プランニングフィールド特典として、2022年2月27日のよみかき編集ワークショップの録画等を見ることができます。

・ナビゲーター同士のコミュニティという機能もあります。

ワーク(エディットカフェおよびオンライン)
・ワークショップの次第やルル三条、シナリオづくり
・模擬ワーク、リハーサル、本番への参加
・振り返りレポートまたは応用実践例プレゼンテーション

ゴール
・7月および8月のエディッツの会でのナビ登板または地域での実践

<学びの場のファシリテーションの腕を磨きたい方、2/27「よみかき編集ワーク」にご参加の方、ぜひ!>


■ゲームチーム
ミッション
・オンラインまたはリアルでできる編集ゲームのルル三条を考えます。
・エディッツの会等でゲームマスターとして進行を務めます。

ワーク(エディットカフェおよびオンライン)
・既存ゲームのリバースエンジニアリング
・ルル三条(とりわけツール)づくり、モデル化
・AチームとBチームにわかれて模擬
・リハーサル、本番への参加
・子供向けエディットツアーでのゲームマスター
・振り返りレポートまたは応用実践例プレゼンテーション

ゴール
・8月のエディッツの会で、新しいゲームを披露、実践。または地域での実践。

<ゲームが好きな方、「ゲーム×子ども×編集」イドバタトーク参加された方、ぜひ!>


■お題チーム

ミッション
・SNSで届く親子むけまたは子どもむけお題の仕組み構築に関わります。具体的には、モニターとして回答し、フィードバックをします。
・守の38番お題の「子どもバージョン」お題文を作っていきます。

ワーク(エディットカフェ、SNS、オンライン)
・月1回(予定)届くお題に回答
・守の38番研究。写真や画像を使った子供向けお題文づくり、各種ネーミング編集
・フィードバック、振り返り座談会(案)


ゴール
・すべてのお題に回答&フィードバック
・新しいお題文と回答例を3つ以上作り、お題ナビゲーターにもチャレンジ

<(参加無料の)子どもフィールドではお題をやりにくいという声を受けて仕組みを考えました。日常の中の編集遊び、ぜひ!>


◆参加費

 6,600円(4月~9月)

◆お申込み・お支払い
編集工学研究所SHOP
https://shop.eel.co.jp/products/detail/384

※プランニングフィールドお申込みの方は、自動的にイシス子ども
 フィールド(こちらは参加費無料です)にもご登録となります。
 4月10日のキックオフミーティングまでにお申し込みください。

◆スケジュール
 (変更の可能性があります。子どもフィールドの予定も含みます)

4月1日 プランニングフィールド2022春オープン、点呼
4月10日(日)10:00~12:00 キックオフミーティング ※録画共有可
    希望チーム表明、ミッション共有
4月17日(日)ことば未満ラボ
4月後半 オトナのための千夜千冊共読会『ホモ・デジタリス』
5月 お題
   第1回チームミーティング ※録画共有可(以降、随時開催)
  「よみかきワークショップ」再会の会
6月 お題
   オトナのための千夜千冊共読会
7月 お題
   子どもむけ「よみかきワークショップ」
8月 お題
   親子向けまたは子供向けエディッツの会「真夏のゲーム大会」
   オトナのための千夜千冊共読会
9月 お題
   振り返りレポートまたは応用実践プレゼンテーション
9月30日 プランニングフィールド2022春クローズ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆Q&E

Q.子どもフィールドとプランニングフィールドの違いについて


E.子ども編集学校を支える両輪です。
 子どもフィールドは、子ども編集学校のいわば「庭」です。「子どもの育ち」や「編集」に興味ある人が誰でも広く集える場です。
  プランニングフィールドは、子ども編集学校を作っていきたい方がワークをしながらプランニング力を研鑽し、実践していけるラウンジです。例えれば「企画室&職員室」であり、仕組みそのものの建築にもあたります。
   

Info


 

 


イシス子ども支局
神尾美由紀、長島順子、景山卓也、上原悦子、得原藍、浦澤美穂、吉野陽子、松井路代、石井梨香、野村英司

千夜千冊1540夜『想像力を触発する教育』
https://1000ya.isis.ne.jp/1540.html
窓口 kodomo@eel.co.jp

 


  • 松井 路代

    編集的先達:中島敦。2007年生の長男と独自のホームエデュケーション。オペラ好きの夫、小学生の娘と奈良在住の主婦。離では典離、物語講座では冠綴賞というイシスの二冠王。野望は子ども編集学校と小説家デビュー。

  • 内なるダイバーシティ 編集かあさん感門記【79感門】

    秋の風・鳥の声  出番である校長校話まで、あと6時間あまり。  ともにマイクを持つ「ふくよ」こと福田容子番匠と控室に入ると、先に座っていた大澤靖永師範が「実は松井さんとは師範代デビュー同期なんですよ。1617期[守]で」 […]

  • 編集かあさん家の千夜千冊『読書の裏側』

    編集かあさん家では、松岡正剛千夜千冊エディションの新刊を、大人と子どもで「読前」している。 本の途中を見せる  7月末に千夜千冊エディション『読書の裏側』が出たら、あわせて見ようと思っていた資料があった。  6月11日 […]

  • 【Archive】編集かあさんコレクション「月日星々」2022/8/14更新

    「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る、編集かあさんシリーズ。 庭で、街で、部屋で、本棚の前で、 子供たちの遊びを、海よりも広い心で受け止める方法の奮闘記。 2022年6月29日更新 【Arch […]

  • 【ISIS BOOK REVIEW】直木賞『夜に星を放つ』書評~編集かあさんの場合

    評者: 松井路代 主婦、編集かあさん、イシス編集学校 [多読ジム] 冊師   『夜に星を放つ』は5つの家族の物語だ。 家族のアイダには、生も死も、愛も性も、老いもコロナもある。     幽霊 […]

  • 編集かあさんvol.38 事件とメディア

    「子どもにこそ編集を!」 イシス編集学校の宿願をともにする編集かあさん(たまにとうさん)たちが、 「編集×子ども」「編集×子育て」を我が子を間近にした視点から語る。 子ども編集ワークの蔵出しから、子育てお悩みQ&Aまで。 […]