稽古は楽しく、志は大きく-[守]エディットツアー開催レポート

2022/08/26(金)13:33
img

 イシス編集学校は正解を求めない。いくとおりもの問いを立てながら、遊ぶように情報の動向を追いかける。情報の行き来を意識できれば時代の見え方も変わる。いまこそイシスの稽古を体験してほしい。「正解のない時代に効く」と題した[守]エディットツアーはそんな思いで企画された。
 8月14日(日)お盆の最中に集まったのは13名。いずれも遊ぶように[守]のお題と交わっていった。


 最初のワークは、自分をおかしにたとえる自己紹介、「おかしなわたし」。1分半のシンキングタイムのあと、参加者たちの”お菓子な”自己紹介が始まった。「素朴なするめ」「洋菓子っぽい和菓子」「不揃いなチョコレート」…。自分をおかしに【見立て】ることで、「かめばかむほど味が出るわたし」、「伝統を大事にする挑戦者のわたし」、「しっかり者にみられるけれど実は柔らかいわたし」と、複雑なわたしが一言で表現されていく。Zoom内には、参加者の声とチャットや紙に書かれた文字が行き交った。

 

  続いては、【地と図】のワークだ。ひとつの情報には【地と図】という、2つの側面がある。ある情報について、前提となる「地」を入れ替えると、その捉え方が変わる。「地」を着替えることで、次々とさまざまな「わたし」が「図」として発現した。例えば…

 

 幸せのかたまり
 ───────
 大好物を食べる

 

   亀
 ───────
  本を読む

 

 マルチプレーヤー
 ───────
   料理

 

 もう一人の私
 ───────
  旅行中

 

例を出しながら「地」と「図」をひも解き、参加者の思考を引き出す阿曽祐子師範。終了後「図と地で情報をみていくことは、人との付き合いを円滑にする、相互理解へ繋がると知り、日々の暮らしで生かしていきたいと思いました」との感想が届いた。

 

 

 締めは【ルル三条】だ。ものごとは、「ルール(決めごと)・ツール(道具)・ロール(役割)」の「3つのル」が組み合わさったシステムとして捉えられる。3つのルを動かすことで家事も仕事も世界も変えていけるという、基本の編集の型だ。
 キャンプを変えるワークでは、3つのルを動かすことで、既存のキャンプとは全く異なる「海の中でやるキャンプ」が誕生。ツールは、酸素ボンベに沈めることができるテント的なもの、シャチやエイ。では、シャチとエイはどんなロールか?食料調達はどうするか? ひとつの「ル」を入れ替えると別の「ル」も連動して変わっていくことに気づいた参加者もいた。水族館でのキャンプもあり得るというアイデアも飛び出した。


苦手な皿洗いをルル三条でラクチンに。イラストを用いて解説するアイドルママこと新井和奈師範


 この日体験した【見立て】【地と図】【ルル三条】は、[守]で学ぶ38の型のうちの、ほんの一部だ。秋開講の50[守]では、たくさんのお題と多様な師範と師範代、まだ見ぬ学衆仲間が待っている。

 

 


Zoomやパワポの操作を一手に引き受けた森本康裕師範(左)と編集の型と社会のつながりを語った鈴木亮太師範(右)

 

 

 

 

 

 

 

 



■[守]基本コース 2022秋講座受付中!

受講期間:2022年10月24日(月)~2023年2月19日(日)

申し込みはこちら


  • 石井梨香

    編集的先達:須賀敦子。懐の深い包容力で、師範としては学匠を、九天玄氣組舵星連としては組長をサポートし続ける。子ども編集学校の師範代もつとめる律義なファンタジスト。趣味は三味線と街の探索。

  • 【田中優子の編集宣言】遊び人、ぞくぞく出現!

    用法4のスタート目前、厳選タングル教室に編集稽古001番の再回答が届いた。なんと田中優子氏による50[守]特別講義の最中にである。田中の提言に触発された学衆青井隼人が、休憩時間に自身の001番回答から「ここから何かが始 […]

  • 汁講で出会いと発見を―50[守]角川武蔵野ミュージアム出遊譚

    エディットタウンには9つの書域がある。例えば5つめの書域「日本の正体」は、16の書区で成り立っている。ひとつめの書区は「日本列島と日本人」。その棚には、01日本列島の形成、02山・海・里の風土、03日本人はどこからきた […]

  • 温泉も宇宙旅行も、夢中な時間がここにある―残席1

    温泉につかって全身の力を抜く。思わず「ほぉ~」と声がもれる。そんな瞬間をしばらく味わえていないみなさんへ。  イシス編集学校[守]講座には、心身を柔らかくするお題が準備されている。       宇宙旅行なんて行けるはず […]

  • 声が重なり、道となる―50[守]開講

    「ここから諸君の『世界と自分についての見方と才能』がおそらく劇的に変わっていくでしょう」。本日12時、校長 松岡正剛のメッセージで50[守]が開講した。続いて、インターネット上の教室に開講と「点呼」の案内が届く。 &n […]

  • 【無料開催!】社会を切り取る・人とつながる 10/11(火)コミュニケーション編集1・2・3

    木を見て森を見ず――細かなところに目が行き、全体像や本質が見えていないことを戒める言葉である。しかしこの世は多様で複雑だ。細部にこそ全体が潜んでいることもある。社会をつかまえるには、木も森も一緒にとらえることが必要だ。そ […]