エディション読みが描く『それでも、読書をやめない理由』

07/17(金)10:58
img

 <多読ジム>Season03が夏の扉を開ける、その2週間前。

 

 2020年6月28日(日)24:00、Season02は終わりの時を迎えた。

 

 100人を超える読衆のトレーニングは各々の読筋をふるわせ、爽快感と未練、汗と涙のしずくを残す。

 <多読ジム>のお題のひとつ、「エディション読み」では『千夜千冊エディション』のリコメンド文づくりが行われる。

 いわゆるブックイベントなどの推薦本につけられるリコメンド文は、相手や自分のシチュエーションが主役になるか、あるいは本の要約に留まり、著者と内容、そして自分との関わりが響いてこないものが多い。読書を自分ごとにするのではなく、一般論に留まりがちだ。

 しかし、<多読ジム>ではアナザーセルフ、すなわちその本の「読前」の自分に向けて、千夜千冊のエッセンスを贈るつもりでリコメンド文に取り組む。著者や松岡正剛のイメージも加えながら、自分の心に刺さったフレーズを随所に取り入れていくのだ。

スタジオこんれんSeason02の読衆であり、編集学校では編集レクチャーの名手として活躍中の、寺田充宏師範による『千夜千冊エディション 本から本へ』よりリコメンド文を、図と共に紹介する。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<リコメンド文>

 本には何でも入ることはとっくの昔に教えてもらった。だが校長の読書には遠く及ばない。そこで本書だ。読むことと書くことを行き来する方法がハイパーリンクして全頁に横溢している。

 いずれも多様である。『正法眼蔵』の禅観75項目を一気に同時現成させ、A~Lまでの多重のポオを呼び込んだかと思えば、エーコとブラッドベリを突き抜けて『それでも、読書もやめない理由』が実感できる。
 読書と編集は社会の情報編集に対する抵抗なのである。

 本と交際するには文字をなぞるだけではおぼつかない。カラザースに中世の読書術を学ぶべきで、アフォーダンスが出入りする体ごとのエクササイズにしなければならない。

 

 千夜千冊の勝手と自分勝手を重ねて読んで、書いて、また読め。

 

 

<寺田師範による図解>

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 『本から本へ』に収録されている『正法眼蔵』『記憶術と書物』『薔薇の名前』『華氏451度』。
 世界読書の奥義から、書架の森を抜け、一通りでない読み方の指南を受け、ビブリオゲームに遊ぶ。宗教、文学、教育をテーマにした本が過去から未来へ連綿と渡る。

 

 読書は1冊読んだら仕舞いではない。本から本をつたって自分と著者、あるいは松岡、そしてスタジオの仲間の記憶と情報を繋ぎ合わせる。ある1冊が別の1冊を掴もうとする、その力が“読書をやめない理由”をもたらすのだ。

 <多読ジム>では読書がハイパーテクストであることを誰もが体感できる。
 寺田師範は本と自分だけでなく、読み方も能動的になることを伝えた。

 

●多読ジムseason03夏 開講中

 

●エディットツアー
イシス編集学校の師範・師範代によるレクチャーを通じて、ユニークな編集ワークが体験できる。春に続いて、今夏もオンラインツアーを開催予定


  • 増岡麻子

    編集的先達:野沢尚。リビングデザインセンターOZONEでは展示に、情報工場では書評に編集力を活かす。趣味はぬか漬け。野望は菊地成孔を本楼DJに呼ぶ。惚れっぽく意固地なサーチスト。

  • 入門と進破、そのきっかけは?

    きっかけはコロナだった。    外出自粛によって旅行にいけない、飲み会も参加できない。思わぬ時間がぽっかり空き、彼女は入門を決めた。    怒涛の如く降りてくるお題に怯み、焦り粛々と自宅学習する日々。リモート […]

  • 【イシス祭@島根】引き算の美学「ないもの」編集は島根が発祥だった!

         第1位  遊びにいくところが少ない 38.9%(148票)  第2位  若い人が少ない 25.5%(97票)  第3位  アピールが下手だと感じる 22.1%(84票)  第4位  人口が少 […]

  • 20年前の先達文庫、20年後の多読ジム

       井上ひさしの人気は圧倒的だ。  宮本常一に白洲正子、朝永振一郎、メルロ=ポンティが後を追いかける。   1位 『文章読本』(井上ひさし/新潮文庫)…16人      2位 『忘れられた日本人』( […]

  • Qをめぐらす冒険の書は「科学道100冊」から

    この世界では、いろんな問題は、いつもぽつんとじっとしてるわけじゃない。   べつのさまざまなこととつながりあってるように見える。                 一 『考える練習をしよう』マリリン・バーンズ 一 &n […]

  • 多読ジム  多彩で多動なスタジオじまん

    2020年4月13日(月)<多読ジム>Season02がスタートした。   100名超の読衆(どくしゅう)が11週間という期間で読み書きの筋肉を鍛えるべく、光速スピードでトレーニングに邁進している。  開講か […]