図版3_猪貝

2021/12/21(火)22:43
img


  • 猪貝克浩

    編集的先達:花田清輝。多読ジムでシーズン1から読衆として休みなく鍛錬を続ける日本で唯一のこんにゃく屋。妻からは「人の話が聞こえていない人」と言われてしまうほど、編集と多読への集中と傾注が止まらない。茶道全国審心会会長を務めた経歴の持ち主でもある。

  • 【多読SP】多読ボード賞受賞作全文掲載(猪貝克浩)

    多読ジムSPコース「大澤真幸を読む」の読了式で【冊匠賞】【多読ボード賞】【大澤真幸賞】の受賞者が発表された。大澤真幸賞の梅澤光由さん、冊匠賞の林愛さんに続いて、多読ボード賞の猪貝克浩さんの読創文を全文掲載する。 &nbs […]

  • 【三冊筋プレス】江戸を蔽う笑い(猪貝克浩)

    〇色と結ぶ笑い  徳川の世は文武両道を奨励したが、『好色一代男』は女色男色の両刀使いの活躍だった。色事の早熟、苦心惨憺な色事修行、お大尽としての遊蕩三昧と続く世之介の一代、前半生は女難の連続といっていい。  横恋慕した女 […]