ISIS 20周年師範代リレー [第39期 内海太陽 スーツと袴と作業着と ビジネスと古武道の求道者

2021/10/30(土)17:45
img

2000年に産声をあげたネットの学校[イシス編集学校]は、2020年6月に20周年を迎えた。第45期の師範代までを、1期ずつ数珠つなぎにしながら、20年のクロニクルを紹介する。

 

◇◇◇

松岡正剛は語った、「21世紀は、主題ではなく、方法の時代である」と。内海太陽の言い方を借りれば「世界はコンテンツとプロセスのふたつに分けられる」
プロセス・ベース教室の名を背負い、39[守]師範代に登板した内海は抱負をこう語った。「本当に価値あるコンテンツを生み出すために、世界の半分であるプロセスにアプローチしてみたい」

 

内海は、兵庫姫路で水処理プラントの設計製造会社を営む経営者だ。百戦錬磨、バリバリに磨き抜かれたビジネスマンという出で立ちの内海は、26[花]入伝式でも際立っていた。パッとメモを取り、サッとコンパイルをしてみせる。その機敏な動きは人目をひいた。しかし、イシスでの歩みが順調なわけではなかった。

2006年に15[守]で入門。その後、10年以上イシスを離れる。36[破]で思い立ったように復帰。そのブランクについて内海は「本当に追求したかったことに気づくための、ながめの道草」と説明する。

 

真のターゲットに向けて、じっと時を待つ。そして機がやってくれば、即座に迎えにいく。内海の趣味は合気道。11年の「せぬ隙」を経て師範代を務めあげると、持ち前のロジカルな思考力に加え、アナロジカルな3Aも開花。世界の半分にアプローチするという抱負を鮮やかに体現してみせたのだ。内海が袴姿で感門表を手渡したのは、2017年夏。前年の天皇陛下の「お言葉」を受け、6月、退位を実現する特例法が成立。平成の終わりが見えてくるころだった。

 

43[破]合氣プロセス教室の師範代を終えたあとも、内海は稽古を続ける。稽古とは「古」そのものに学び、そのプロセスを習熟すること。自身に課したのは「日本を知る」というお題だった。秋田から小豆島まで全国に出張する内海は、作業着をまとって現場に立つも鞄には『正法眼蔵』を忍ばせる。出張のあいまに古神道の勉強会に通い、神社や八百万の神々を学んだ。内海は「イシスは『あらわるる世界』に強く、古神道は『かくるる世』に鋭い。さらにその根本原理には、量子力学と生命科学が潜んでいるはず」と睨み、『擬』や『日本という方法』を二度三度読み返しているという。

 

自身の稽古に打ち込むいっぽう、フットワークも軽く、関係性を大事にするのも内海の真骨頂。頼もしくはずみがあると評判の内海は、共読ナビゲーターを務めたほか、43[守]では近畿大学の受講生をサポートする「近大番」に抜擢。その縁で、師範山根尚子とのエディットツアーにも初参画。点と点をつなぐように、人との関係をむすび、その過程を慈しんできた。
その所以を問うと、「今までずっと自分に必死だったぶん、他者にゆだね、他力を信じるようになったんです」と高僧のようにはにかんだ。

◎師範代メッセージ◎


 

>あのときメッセージ>

国が忖度映えな中、東北番匠組の声で39守が放たれた。わかるとかわるに転がりながら、方来の師範代と学衆一座の玉響稽古がひぃふぅみん。七夕短冊は「共鳴のジャズ 耳元の声 手を引くTシャツ 駆け寄る浴衣」38題むすぶQ→Eが学衆ファーストで棚引いた。 

 

>これからメッセージ>

あいだの連打で次の日本の型になる。負ラジャイルないきほひを「変」から「天」へ。 

 

プロセス・ベース教室 内海太陽  


 

●あの日!あの時!千夜千冊!●

◎未然の曼荼羅が、引き出しのなかにある
1639夜 戸井田道三『戸井田道三の本 こころ・かたち・みぶり・まなざし』

…2017年5月23日

◯千と千尋の神隠しは、なぜアメリカでヒットしたのか
1643夜 アン・アリスン『菊とポケモン』
…2017年7月07日

◯本当の「自己」とは何をあらわすのか?
1645夜 宮元啓一『インド哲学 七つの難問』

…2017年7月28日

Designed by 穂積晴明

 

 


  • 梅澤奈央

    編集的先達:平松洋子。ライティングよし、コミュニケーションよし、そして勇み足気味の突破力よし。イシスでも一二を争う負けん気の強さとしつこさで絶賛編集力向上中。今、最も旬なエディスト「うめこ」のこれからの活躍に刮目されたし。47[破]番記者、36[花]錬成師範。