変幻自在、イシス的師範代の無双~45[守]の巻

09/15(火)10:07
img

「狙われるもんより、狙うもんのほうが強いんじゃ。そがな考えしとったら隙(すき)ができるど」。映画『仁義なき戦い』で菅原文太扮する主人公・広能昌三はこう放つ。

ベースからターゲットを狙う。師範代と学衆のキャッチボールはいつも未知に向かって投げられる。間(アイダ)のプロセスは師範代に委ねられている。
シーザー師範こと井ノ上裕二は、長いことアジア各地を歴任したビジネスパーソンだ。中国やバンコクでの武勇伝は数知れず。培った編集学校での十八番は、キレ目の直球だ。
45[守]には、代打として師範代登板(飄々絃々教室)、別院には“花は散り際 罪は寸前 恋はなかばが いいらしい”と都都逸を寄せる。井ノ上によると「内角エロ目の玉」を狙ったらしい。
喜多川歌麿に肖って擬く。超部分に焦点を当て畳みかけながら、春画の手法スレスレを狙う。「父上~!」と娘ほどに離れた学衆から「絶妙な煽り」と指摘されて、シーザーはほくそ笑む。

時を同じく、おもてなし仙人と名高い若林牧子45[守]師範代(ストールたくさん教室)に、謎かけ婆が憑依していた。二度目の登板で意気軒高だ。
「わしが見る限りは鬼に到底見えないのじゃが、きっと腹は黒いのじゃろ。人は見かけによらぬものじゃ。」
若林の指南はあっという間に妖化を纏い蠢動しはじめた。ふだんは、食と農のコーディネーターとして旬を届ける若林にはエプロンがよく似合う。編集稽古ではあらゆるスパイスを効かせ、届く回答に指南の魔法をかける。過剰は余白を生む。

45[守]21教室160名の学衆は終戦記念日の翌日、無事卒門を迎えた。師範代21名、師範9名、番匠、学匠総勢200名による一座建立。曲芸師のごとく場を回し続ける4カ月も幕を閉じた。

今年20年目を迎えるイシス編集学校。連綿と続く稽古の舞台裏は無双に対して寛容だ。過剰は贈答儀礼にして、別様の可能性を起動させる。大いに語り手が突出する。憧れを過小評価してはならない。

「わしがやらにゃ、恰好つかんじゃろ。」誰が言ったか幻か。

【関連リンク】

過剰なもてなしは真骨頂 若林牧子の新春Eツアー

ピカソ・三島・文太 角刈りのシーザーがもどく

 


  • 平野しのぶ

    編集的先達:スーザン・ソンタグ
    今日は石垣、明日はタイ、昨日は香港、お次はシンガポール。日夜、世界の空を飛び回る感ビジネスレディ。いかなるロールに挑んでも、どっしり肝が座っている。断捨離を料理シーンに活かすべくフードロスの転換ビジネスを考案中。

  • 琉球スピリッツを酌み交わす(前篇)~発酵エトランゼVol.3

    「いつ(五)の世(四)までも、いつ(五)までも寄(四)り添って末永く~」。 その想いを市松模様に込めた帯の[原型]は藍一色の「ミンサーフ(ウ)」といわれる細帯で、女性から愛する男性に贈ったのが習わしと伝承されている。沖縄 […]

  • パンとわたし。隷属ではない関係(後篇)~発酵エトランゼVol.2

    ワインに味噌やチョコレート。発酵の世界は古今東西、歴史も広く深い。  フランス語のエトランゼとは異邦人のこと。空を飛び国境を越えてウチとソトを見渡し、生活様式や食の末端にきっかけや片鱗を発見する。  旅人のように移動を […]

  • パンとわたし。隷属ではない関係(前篇)~発酵エトランゼVol.1

    水と砂糖を加えたガラス瓶を観察すること3日め。ブツブツとも沸々とも細かな泡が発生している。時々蓋を開けて酸素をゆき渡らせる。手を加えるのは、たったこれだけ。さらに待つこと3日余り。底には濁りのような不透明な澱(オリ […]