【参丞EEL便#024】新本棚サービスの名称は「ほんのれん」

2022/10/21(金)12:00
img

「連句」は、個人というものが(絶対なるものではなく)前後の関係で変化するものだということを、方法化した文芸である。間庵・庵主の田中優子さんは、以下の句を例として、そのように<連>や「連句」のあり方を紹介されたことがある。

 

苔ながら花に並ぶる手水鉢 芭蕉

ひとり直りし今朝の腹立ち 去来


たとえば、この芭蕉と去来の句からは、手水鉢に花かと見まがうきれいな苔が見えて「きれいだ」と思っているうちに、腹立ちがおさまってきた、という物語になる。

 

苔ながら花に並ぶる手水鉢 芭蕉

ひとり直りし今朝の腹立ち 去来

いちどきに二日の物も食うて置き 凡兆

 

ところが、このように凡兆の句がその後につづくと、腹立ちがおさまった理由が、苔の美しさではなく、大食いのせいであることになる。

 

連句は、まず五・七・五の発句(後に俳句になる)があり、ほかの人が連想して七・七の脇句を第2句としてつづける。そこに別の人が五・七・五の第3句をつづけ、合計36句連なるのが定型だが、長いものでは100句までになる。参加する人は連衆、メモを取る人が執筆、リーダーは宗匠と呼ばれる。宗匠はイシスの師範代さながら、それぞれの個性を見出して活かす世話役をつとめる。場にお題を投げかける。(突破された方は、連句を[遊]風韻講座で遊ばれたい)

 

田中優子さんは、<連>の特質として、世話役はいるがリーダーはいない、常に何かを創造している、存続を目的としない、個人がたくさんの名前をもつなど、以下の10個を挙げている。人と同じにはならないけれど、人と無関係にはならない。大集団は組まないけれど、個々のつながりは大事にする。江戸の日本人は、そういう場に、自由というものを発見した。

<連>の特質

① 適正規模を保っている。
② 宗匠(世話役)はいるが強力なリーダーはいない。

③ 金銭がかかわらない。
④ 常に何かを創造している。
⑤ 人や他のグループに開かれている。
⑥ 多様で豊かな情報を受け取っている。
⑦ 存続を目的としない。
⑧ 人に同一化せず、人と無関係にもならない。
⑨ 様々な年齢、性、階層、職業が混じっている。
⑩ 多名である。個人のなかの複数のわたし。

 

EEL便#002でご紹介した、丸善雄松堂と編集工学研究所の新本棚サービスを、「ほんのれん」という名称にした。<連>のあり方に肖った。

「今考えたい問い」と「今こそ読みたい本」を毎月お届けするものだが、対話によって一人ひとりのさまざまな見方や能力(仕事にすぐには役に立ちそうもないもの、も大事にしたい)が見いだされ、組み合わされることを目指す。

 

コロナ禍で、人が集まる理由が問いなおされている。「ほんのれん」は、問いと本がきっかけとなって、人と人が集い創発する知を、企業のオフィス内や地域のコミュニティスペースやイノベーションハブに育んでいきたい。サービスのリリースは、2023年1月を予定している。

 

 

[編工研界隈の動向を届ける橋本参丞のEEL便]

//つづく//


  • 橋本英人

    函館の漁師の子どもとは思えない甘いマスクの持ち主。師範代時代の教室名「天然ドリーム」は橋本のタフな天然さとチャーミングな鈍感力を象徴している。編集工学研究所主任研究員。イシス編集学校参丞。

  • 【参丞EEL便#030】『情歴21』電子PDF版、12月6日に販売!

    ①タブレットでみれる、②検索ができる、そして、③2021年の歴象もみれる。『情報の歴史21』の電子版が、いよいよ来週12月6日(火)にリリースします!   重さ1130グラム。判型19 x 3 x 25.7セン […]

  • 【参丞EEL便#029】科学道100冊2022をリリース

    2022年は、「情報の世紀」「光を追いかけて」「科学史タイムトラベル」の3テーマです。   日本で唯一の自然科学の総合研究所である理化学研究所と本の可能性を追求する編集工学研究所による「科学道100冊」20 […]

  • 【参丞EEL便#028】図書館総合展で読書WS開催

    福井県敦賀市の「ちえなみき」が活況だ。   オープンから2ヶ月がたち、地元の高校生や他県からの視察隊など、敦賀市人口(6万人強)をこえる方が来場した。波うつ本棚空間に入り込むと、さまざまな知恵を運んできた本との […]

  • 【参丞EEL便#027】AIDAシーズン3、公式サイトも更新してます

    「この面子はキセキです。本気で臨むように。」   中世国文学者の田中貴子、文芸評論家の安藤礼二、漫画家の安彦良和、グラフィックデザイナーの松田行正、小説家のリービ英雄。AIDAのシーズン3「日本語としるしのAI […]

  • 【参丞EEL便#026】「ほんのれん」がつくる組織内外の資本とは

    「潜在能力(ケイパビリティ)」という概念を打ちだした経済学者のアマルティア・センや、『孤独なボウリング』で米国コミュニティの特質と変遷を論じたロバート・パットナム、社会学と経営戦略論をつなげるロナルド・バートに「ソーシャ […]